オバマと孟子

 昨日の孟子の言葉ではありませんが、四字熟語として日常的に使う言葉はあるのですが、そのほかの部分は論語にしても孟子にしても学校で習うほかはあまり触れることがありません。ですから、どのくらいの人が孔子や孟子の言った言葉を覚えているのでしょうか。数日前のニュースで、このような内容が流れました。「“山道は人が歩けば道になるが、歩かなければ雑草でふさがれる”。ワシントンで27日始まった「米中戦略・経済対話」の開会式で、オバマ大統領は演説の中で中国の儒学者、孟子の言葉を引用し、未来を切り開く道を米中両国がともに歩んでいこうと呼びかけた。「相互不信によって道を雑草でふさぐことはあってはならない」と強調し、対立ではなく持続的協力の必要性を訴えた。」
なんと、オバマ大統領が孟子の言葉を引用したのです。しかも、この開会式では、クリントン国務長官は「人々の心が一つになれば、泰山を移すことができる」という孔子の言葉を使って、世界の課題に米中が立ち向かう決意を披露したそうです。また、ガイトナー財務長官も、中国語の熟語「風雨同舟」を持ち出し、経済危機への米中の取り組みを評価したのです。逆に中国の戴秉国国務委員(副首相級)は、「イエス・ウィ・キャン」で演説を締めくくり場内を沸かせたといいますから、しゃれていますね。これらの演説は、事前に用意されていたものでしょうが、米中戦略会議の内容は、気候変動対策などで隔たりはあるものの、この挨拶で双方は気配りを感じさせたということで話題になっています。
オバマ大統領が逸話として例に出した孟子の言葉は、「孟子謂高子曰。山径之蹊間、介然用之而成路、為間不用、則茅塞之矣。今茅塞子之心矣。」(尽心篇・下篇)からです。
 高子は斉地方出身の門人で、孟子の弟子だったのですが、他派に走って孟子のもとから途中で離れてしまった人です。その元弟子に向かって孟子は、「山中の道というのは、常に人が歩いていれば道となるものだ。しかし、少しの間でも歩く人がいなければたちまち茅(ちがや)がこれを塞いでしまうものなのだ。今お前の心は、茅で塞がれている。」ということで、最後は、離れていった弟子に対しての嘆きとも非難ともとれる言葉を言っています。
 泉谷しげるの歌を思い出しました。「久しぶりです」という歌ですが、久しぶりにこの歌を思い出したので少しうろ覚えですが。
「ほんのとなりの街まで 足をのばせばいいことなのに 久しぶりが気はずかしく ついつい御無礼しています。あれほど必要だった人なのに まるで明日にまかせるように 思いで話にしようとしています」先日、ある会社で、懐かしい人たち何人かと会って、夜は数人と食事をしました。とても懐かしく、話が楽しく、なんだか少し前なのに青春時代を思い出したかのような気持ちでした。しかし、その人たちは、たった30分くらいかければ会いに行ける距離にいます。しかし、何となく会うのが気恥ずかしかったのかもしれません。そして、会っての最初は、この歌の二番の歌詞のようでした。「久しぶりの感激も月日のちがいがそうさせるのか おたがいの変化をまるでたしかめあっているようです あれほど必要だった人なのに まるで明日にまかせるように 思い出話にしようとしています」そして、こんな会話をします。3番の歌詞です。「あまり変わってないようだね でも少し腹が出てきたぞ 今なにをしてるの へェそう ちっともしらなかったよ あれほど必要だった人なのに まるで明日にまかせるように 思い出話にしようとしています」
 まさに「山径之蹊間、介然用之而成路、為間不用、則茅塞之矣」ですね。

オバマと孟子” への3件のコメント

  1. 『核保有国として、核兵器を使用したことがあるただ一つの核保有国として、米国は行動する道義的な責任を持っています。・・・忍耐と粘り強さが必要です。しかし、私たちは世界が変わることが出来ないという声を無視しなければなりません。私たちは主張しなければなりません。Yes,we can.』ー核兵器廃絶を訴えた先日のプラハでの演説です。誠実に、そして切々と核兵器の恐怖と核兵器のない世界に向けての決意を語る大統領の姿にとても感動しました。米国は、中国ともさらに良好な関係を築こうと努力しているようですが、さて、肝心の日本は…。世界の外交の舞台では、教養ある政治家の一言がとても重要ですね。

  2. 孔子の言葉で知っているのは「七十而從心所欲不踰矩」くらいです。この言葉は、歳を重ねるにつれて自分の中での捉え方が変わってくる意味の深い言葉です。
    「米中戦略・経済対話」のやり取りは興味深いです。お互いがお互いに言いたいことは山ほどあると思いますが、そうした複雑な思いを笑うことや楽しむことに上手く変化させて表現し、前に進む力にしているようにも感じます。見習いたいところです。

  3. 今回のブログで紹介された孟子の言葉は心に響きます。「今お前の心は、茅で塞がれている・・・。」10代20代の頃に考えていたことを反芻することがあります。30代の頃ある信念に基づいて実践していたことを思い出します。そして今の自分の存在する場を見つめます。「茅で塞がれて」いないだろうか、と。泉谷しげるさんの歌詞はもっともっと心に響きました。「ほんのとなりの街まで 足をのばせばいいことなのに 久しぶりが気はずかしく ついつい御無礼しています。あれほど必要だった人なのに あれほど必要だった人なのに 」。実はこれは西武新宿線の電車を眺めながらこの頃私の心に去来する偽らざる内面の声です。そしてもう一方の声が「まるで明日にまかせるように 思い出話にしようとしています」と語りかけます。連絡をとらないと・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です