夕顔

 朝顔市で多く見るしたては「行灯仕立て」と言い、鉢のまわりに何本か支柱をたて、そこに輪をつけて、蔓をからませていくやり方です。店の人から、あまり葉が茂っていないものの方が、花がきれいに咲くと教えてくれました。ですから、小さな葉、細い蔓のほうが大きな花をつけるようです。また、そこに植えてある花の種類は、4種のものが主流です。そして、色の濃い花と淡い花が多いものと選びます。その中で、茶色の朝顔を「団十郎」と呼びます。本来は、「団十郎」という特定の品種のことですが、歌舞伎の団十郎が好んだ色ということで茶色の系統を「団十郎」と呼んでいます。
 そんな日本独特の朝顔ですが、「朝顔」という巻が、「源氏物語」54帖のなかの第20帖にあります。この朝顔は、源氏が若い頃から熱をあげていた女君の一人です。しかし、源氏の求愛を拒み続け、結局は独身を貫き通して出家してしまいます。その朝顔という名前は、源氏からアサガオの花を添えた和歌を贈られたという逸話からきています。「見しおりの露忘られぬあさがほの 花のさかりは過ぎやしぬらむ」(昔みた忘れられない朝顔も 花のさかりは過ぎたのでしょうか。)朝顔は、意外と早くしぼんでしまい、そのあとの姿は美しく咲き誇っていた姿とのギャップが激しく、とてもみじめに映ってしまいます。
 今回の朝顔市でもう一つ目を引いたのが大輪の真っ白い花をつけている「夕顔」があります。園へのお土産に、この夕顔も買いました。
yuugao.JPG
 「夕顔」は、「源氏物語」では第4帖にあります。光源氏が17歳のころ、乳母の見舞いの折、粗末な家の垣根に,きれいな夕顔の花に目を留めます。その花を源氏が取りにやらせたところ、邸の住人の使いの人が「これに花を載せてお持ちなさい」と扇を渡してくれました。夕顔の花が載せられた扇は良い薫物の香りと共に,きれいな字で和歌が書かれていました。「心当てに それかとぞ見る 白露の 光添へたる 夕顔の花」(もしかしたらあなた様かと思いました。白露のような光を添えている夕顔の花のように美しい方なので)その歌に魅せられた源氏は、和歌で返事をします。「寄りてこそ それかとも見め たそかれに ほのぼの見つる花の夕顔」(近寄って確かめてください。夕暮れに見た美しい花を)
その後源氏は、彼女のところに通うようになります。しかし,相手の住まいは粗末な家であるために、お忍びで訪れますが、彼女は、自分の名を明かさず、源氏もその女性の正体を知らさぬまま、二人は逢瀬を繰り返しました。ある日,光源氏は夕顔を人が住んでいない荒れた邸に連れて行きます。そして、うとうとと眠りについた夜、源氏の枕元に女性の幽霊が立っていたのです。あわてて太刀を抜き打ち払おうとするとしばらくして幽霊は消えてしまいます。ところが、おびえた夕顔は息も絶え絶えで、光源氏の必死な呼びかけにも答えず身体は冷たくなっていき、そのまま亡くなってしまうのです。
「見し人のけぶりを雲と眺むれば 夕の空もむつましきかな」(かつて契りを結んだ人を火葬にした煙があの雲かと思って眺めていると、この夕方の空も慕わしいことです)出会ってから最後を迎えるまでの夕顔の君は、まさに暁を待たずに死んでいく夕顔を彷彿とさせます。蕾のまま死んでいく夕顔の姿を、「ただ冷えに冷え入りて、息は疾く絶えはてにけり。いはん方なし」と描写しています。