看板と景観

ドイツのある園を訪れたときに、園庭の中央に,マイバウムが立てられていました。そのポールの色は、バイエルン地方の旗の色と同じ、青と白で交互に塗られています。その青は、空の色で、白はアルプスの雪の色を表しています。マイバウムというのは、英語ではメイポールというように「五月の樹」という意味で、ドイツでは春の訪れを祝い、5月になると町や村の広場に立てられる一本の高い柱です。昔は真っ直ぐで高い松の木を森から切り出して立てていました。冬でも枯れない常緑樹には強い聖霊が宿っていると考えられていたからです。柱のてっぺんには新緑の枝を輪にしたものを飾り、そこから沢山のリボンをたらして、手に手にリボンの端を持ちながら、木の回りで踊ったり、歌ったりして春の到来を祝います。
poru.JPG
園を訪れたのは6月でしたが、園庭には一つの文化を子どもたちに伝えるということで1年中飾られているようです。ドイツ研修のときの待ち合わせの場所であるマリエン広場や、数年前に訪れたノイシュヴァンシュタイン城のあるシュヴァンガウでも、飾り付けされたマイバウムが一年中立てられています。
このマイバウムの習俗はミュンヘンだけではなく、バイエルン地方の各地域、そしてバイエルン以外にも南ドイツ、チロル、スイス、アルザスなど、ライン 河の沿岸一帯に広く見られるようですが、これを町の中心に立てるのはその町のギルドの人たちで、柱にはギルドに加盟している各職業団体を表したシンボルが取り付けられます。それは、この町の中には、このような手工業の店がありますよという一つの看板なのです。
この看板が当てられたのは、その町に入るときにそこには何があるかを知らせる役目と、町の中の看板をなくす意図があったと聞いたことがあります。そういえば、ミュンヘンの町の中には、看板がほとんどありません。それは、何かの景観条例で規制されているからでしょう。日本では高度成長期は、何でもかんでも無秩序に箱ものを作ってきました。日本の伝統や、その地域の街並みや自然との調和を無視して、無秩序にいろいろな色の建物や、高い建物や、構造物が作られました。それは、「美」という人の気持ちをいやす役目よりも「経済」を優先していた時代でもありました。気がつくと、ヨーロッパでは大切に残してきたような長い年月をかけて作られてきた伝統と風格と調和のある街並みが日本からは姿を消していきました。
そんな時代に対して、各地で高層マンションの建設などの反対運動や屋外広告の氾濫のような秩序な開発に対して、見直すべきだという声が上がり始めました。それに対して、国土交通省では「美しい国づくり政策大綱」を策定し、景観法が2004年6月に公布され、翌年から全面施行されています。
しかし、まだまだ海外の町と比べると日本ではあちらこちらに立っている看板が随分と町の景観を壊している気がします。ミュンヘンの町はさっぱりしていますね。
myunhengairo.JPG
その写真を見て他に気がつくことは、自動販売機と電線がありません。日本では、この二つも景観を壊しています。特に夜のネオンサインの看板のほか、自動販売機の明るさは夜を壊すだけでなく、昼間の照度を持つためにその前に夜立つ子どもの体に変調をきたすようです。私の園を建てた時も、新宿の景観条例と高さ制限がとてもうるさかったのですが、私から見ると、何よりも景観を壊しているのは電線のような気がします。
ennsyagaiakn.JPG
経済優先の社会を人間優先の社会に戻すのは大変ですが、やっていかなければならないでしょう。