自尊感情

 なぜ、「自尊感情」が必要なのかということで海外ではこんな報告がされているそうです。自尊感情の高い子は、情緒が安定し、責任感があり、社会的適応能力が高い、成績が良い、他の子どもたちや先生とのトラブルが少ない、社会規範をよく守る、授業態度がよくクラスのまとめ役の行動をとるなどの特徴がみられ、さらに重要なこととして、逆境に強いことがあるそうです。ですから、いじめに屈することも少なく、他人の目を気にしない、失敗に動じない、悪い仲間の誘いを断り、「いやだ」と拒否することができるなどといった報告がされていると「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いか」(古荘純一著)に書かれてあります。このタイトルを見ると、日本の子どもは、前にあげた行動をとらない子が多いということになります。
 古荘さんが、本書で紹介しているQOL(Quality of Life)尺度は、もともとは1965年に自己についての価値観評価の程度を自己報告するものとして開発されました。しかし、この中には、子どもの生活に関する質問が少なく、子どもに対して生かすことが難しいところがありました。それをこのQOLという概念を用いて子どもの支援に結び付けようとWHOが開発研究をしました。そのメンバーのうち2人のドイツの研究者が独自で子ども版のQOL尺度を開発しました。この尺度が本書で紹介されていますが、「Kid-KINDL」と名付けられ、非常に簡潔で、子どもの状況を客観的に把握し評価するのに役に立つと、国際的に高く評価されました。これは、「子どもの主観的な心身両面からの健康度・生活全体の満足度」と定義され、年齢と対象ごとに5種類作成されています。
その中に4?7歳児対象の幼児版もあります。幼児に関しては、子ども自身が質問に答えることには限界があり、親に質問しているものが多くあります。8歳以上では、6つの領域で構成されています。身体的健康度(Physical health)、情緒的ウェルビーイング(気持ち)(Emotional well-being)、自尊感情(Self-esteem)、家族との関係(Family)、友達との関係(Friends)、学校生活(School)という領域を見ると、どんな評価が少しわかります。いま、日本でも研究されている子どもの評価では、Sicsという「子どもたちのエピソードから始める自己評価法」というものですが、そこでは、「安心度」(Wellbeing)と「夢中度」(Involvement)から子どもの活動を評定しようとするものです。どちらにも「ウェルビーイング」という言葉がありますが、その観点から子どもを見るのもとても大切です。しかし、実際は、どんなことなのでしょうか。QOLでは、質問に関して、最近1週間の状態として「いつもそうである」「たいていそうである」「ときどきそうである」「ほとんどそうでない」「まったくそうでない」の5段階で子ども自身に答えてもらうものです。たとえば、情緒的ウェルビーイングでは、小中学生に対して、「楽しかったしたくさん笑った」「つまらなく感じた」「孤独のような気がした」「何もないのにこわくなったり、不安に思った」という質問です。この質問を、親にも「私の子どもは」という言葉を最初につけて行われるようです。そこでは、保護者が子どものQOLをどのようにとらえているかを客観的に知ることができるようです。
 古荘さんの本では、これらの領域の中の「自尊感情」について日本の子どもと外国のこどもを比較しています。そこを考えてみます。

自尊感情” への4件のコメント

  1. 自尊感情の高いと逆境に強いというのは大切な点ですね。自分をしっかり持っている、自己責任の意識が高いということも、結局は自尊感情がどうかにかかっているんだろうと思いました。
    小学生用の子どもアンケート(Kid-KINDL)を見てみました。日本の子どもたちはどう答えるんだろうと少し心配になりましたが、自尊感情が低いということはこの結果も・・・。とても大きな問題ですね。

  2. 「自尊感情」の英語は、今回のブログでも紹介されていた通り、Self-esteem(セルフエスティーム)です。この表現に出くわすのは高校時代です。最早、Self-esteem自尊感情 など持てないほどに自信喪失、自暴自棄、お先真っ暗、将来の夢は皆無(夢)、何のために進路を選択するのか、親に行けと言われたから塾通い、・・・。保育園や幼稚園時代はそれでもSelf-esteem が子どもたちにあるような気がします。卒園式の時「大きくなったら保育士さんになりたいです!」と宣言した子が1年も経つと「大きくなったら・・・そんなのわかんないよ!」とのたまいます。夢も希望もない感じです。「ウソでもいいから〇〇になりたい、と言って」と内心思っても後の祭り。子の育ち支援やり直し。

  3. 第三者評価とか学校評価とか、評価が一つの流行のようですが、どうもその内容を見ると、園の運営や書類関係の完備を問うことが多いようで、実は肝心の保育そのものの評価が少し弱いのではないかと感じていました。第三者評価では、利用者(ここでは保護者)のアンケートが必要ですが、真の利用者は子供なわけで、子どもたちの満足度を調べることは保育の質を測るもっとも正確な物差しになるはずです。東大の秋田教授が取り組んでいる日本版SICSの実践の中で、子どもの活動分析のポイントがとても興味深いので紹介します。?豊かな環境?集団の雰囲気?自発性の発揮?保育活動の運営?大人の関わり方ー。藤森先生がいつもお話しされる「環境」や「集団の役割」「子どもの自発性」「大人の見守る姿勢」など、すべてこの中に含まれています。

  4. 海外の自尊感情が高い子というのは、絵に描いたような優等生と思いました。確かににほんの子どもは、イジメなどに屈する、悪い誘いは断れない、という報告は間違っていないような気がします。自分自身、その傾向はあったので・・・。外国の子どもと日本の子どもを比べるにあたって、明らかに違うのは分かっていますが、決定的なところというのは、どこなのか気になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です