自信

 昨日のブログで書いた「自信」とはどういうことでしょうか。「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」(古荘純一著 光文社新書)という本に、子どもの精神面の健康度を図るQOL尺度で測られた調査で、日本の子どもたちが「自分に自信」がなく、「自分自身や学校などの満足度」に対し、多くの子どもが「ほとんどない」を選択したことが記されています。
 自信を持つためには、まず自分自身のことを自ら考えることが必要になります。よく自信を持つということは、他人から高い評価を受けることだと思われているところがあります。確かに、それは、うれしいことですし、それによって自信を持ちます。しかし、その評価に自分で納得しなければならないのです。自分自身では、そう思っていないところを褒められても、うれしいと思っても、その次にやる時には、次はそうできるのか、同じような結果が出せるのかという不安を持ちます。ですから、人からの評価は、あくまでも自分を見直すきっかけに過ぎないような気がします。
 今回改定された保育所保育指針の中の「情緒の安定」にねらいに、こう書かれている部分があります。
「一人一人の子どもが、周囲から主体として受け止められ、主体として育ち、自分を肯定
する気持ちが育まれていくようにする」
 自信を持つということは、自分を肯定的にとらえることです。そのために、「情緒の安定」の内容には、こう書かれてあります。
「保育士等との信頼関係を基盤に、一人一人の子どもが主体的に活動し、自発性や探索意
欲などを高めるとともに、自分への自信を持つことができるよう成長の過程を見守り、適
切に働きかける」
 ここには、自信を持つようになるためには、主体的に活動することが必要で、自発性や意欲が必要になってくると書かれてあります。ですから、人から褒められることが、次の行動に対して、自発的になったり、意欲を持ったりするようにならないと自信につながらないのです。
 古荘さんは、本の中で、最近の学力低下や少年犯罪、いじめ、生活習慣の乱れなどの子どもの変化に対して、小児精神神経学の観点から見ると、「子どもの指導を強化すべきという意見に世論が流されている」ことを危惧しています。「指導という大人からの強制ではなく、子どもの存在をまずはあるがままに認め、そして子どもを守り育む姿勢が重要」だと思っているそうです。私が提案する「見守る保育の三省」と同じ考え方ですね。
 古荘さんは、このような状況の中の子どもたちを「自尊感情」という観点からいろいろと調査をしています。この「自尊感情」は、必ずしも高ければよいということだけではないことを踏まえて考えています。彼のいう「自尊感情」とは、外見、性格、特技、長所短所、自分の持っている病気やハンデキャップなどすべての要素を包括した意味での「自分」を、自分自身で考えるという意味であると定義しています。ですから、これが肯定的な面になると、「自信、積極的、有能感、できるという気持ちや幸せな気持ち、自分を大切に思う気持ち」などととらえ、否定的な面としては、「劣等感、消極的、無力感、できないという気持ち、不幸でつまらないと思う気持ち、自分をみじめに思う気持ち」などと表現できるとしています。この自尊感情について、もう少し、明後日から訪れるドイツと比較しながら考えてみたいと思います。