空間の質

 日本の保育室は狭いので、コーナーなどは設置できないと思っていますが、コーナー保育が充実している韓国では、その理由をこう考えているようです。
「日本では外で遊べるオープンスペースが広く、プレイルームもたくさんあります。だから、教室を細かくコーナーで区切らなくても、子どもたちがもめずに、自分の居場所を見つけて遊べるのです。でも、韓国は日本と比べてグラウンドも施設も狭いので、狭いスペースで遊ばせて、子どもたちをそのままにしておくともめるばかり。だから環境的な面からみても、韓国ではコーナー保育が役立ったんですね」
子どもがもめるので、コーナーを作ったというのは面白いですね。というのは、普通であれば、このコーナーを使う時間帯は「自由選択遊び」と位置付けているように、先生が一斉に何かやらせるのではなく、子どもたちがやりたいことを自由に選択できるための環境のためだと思いますし、日本では、広いので自分の居場所を見つけやすいけれど、狭い韓国では見つけにくいので、コーナーで区切ったといいます。日本のように、ただ広い空間の方が、自分の居場所を見つけにくいと思うのですが。
 もう一つ、環境の質として、その空間にどのようなものの環境を用意するかを考えないといけないと思います。たとえば、あるコーナーには、テレビが置いてあって、いつでもお笑いが見れるとか、あるコーナーには漫画が置いてあるとか、テレビゲームを一日中やることができるとかいうことで自分の居場所を見つけてはおかしなことになります。韓国では、どんなものを用意しているかというと、まず、教材の量は日本の比ではないくらい多いようです。これは、ドイツやフランスに行っても感じることですが、棚いっぱいに積まれてあります。日本では、目移りするからとか、散らかすだけだからと言って、ほとんどない状態です。ですから、子どもが遊ぶものを選ぶというよりも、先生が出して遊ばせるような保育になってしまうのでしょう。さすが、教育にかけるお金が対GNP比で7.1%もあり、世界第2位のわけです。
 そんな教材の中で、最近「21世紀に向けての創造性開発としてのアイデンティティ定着のための伝承遊び教育」が意識的に取り組まれているようです。私の園でも、「伝承遊びゾーン」が用意されています。
densyozo-n.JPG
その意図を私は、「所属観をきちんと持つことにより、自尊感情を持ち、世界に貢献できる人材となる」と思っています。
 その他、すごろくなどのような社会領域を学ばせる目的のものや、発想を刺激するものも多いようです。たとえば、コンピュータにしても、それを使って自分の遊び道具を作ったり、お話をインターネットで調べたりするときなどに使うようです。
 「こどもにとって良い環境とは?」ということはとても難しいことです。それは、生きることの意味を問うているようなものだからです。しかし、少なくとも、「こうしてあげよう」「このようにさせよう」ということではなく、レッジョ・エミリアの教育方法の創設者のひとりであるローリス・マラグッツィさんが言っているように「子どもは教えさえすれば受動的に学ぶのではなく、子どもが何か自ら主体的に行為する中に学びは存在している」ということを再度確認すべきだと思います。