みる

 先日、私の園の保護者に「脳の臨界期」の話をしたところ、「脳の臨界期までに子どもにしなければならないことは何ですか?早期教育ですか?」とある父親から聞かれました。私は、「それまでに大切なことは、子どもに、いろいろな経験、体験をさせることです。」と答えました。臨界期以降、さまざまな学習をしていくうえで、バーチャルな世界での勉強が多くなります。その時に、その学習内容が身につくか、定着するかは、それまでの体験が、ものを言います。たとえば、「田」という漢字を習った時に、本当の田んぼを見たことがある子は、その字の形を実感から覚えます。見たことがない子は、その形をそのとおりに暗記しなければなりません。
 昨日のブログではありませんが、漢字でも、その字の形は覚えても、その字をどのような場面で使うかは、考えないといけないのです。パソコンで、音を入れると、その漢字がずらっと出てきます。その中から、どの漢字を選ぶかは自分が決めなければなりません。最近は、前後関係からパソコンが予想してくれるようにはなりましたが、微妙な場合は、書き手の気持ちの問題もあるので、やはり人間が決めざるを得ないのです。昨日の漢字の例の「みる」もたくさんの意味があります。
一番多く使われるのは、もちろん「目で事物の存在などをとらえる。視覚に入れる。眺める」という意味です。ただ、漢字では、このただ目に入れるだけでも入れ方のよって使う漢字は違ってきますが。その次の意味に「見物・見学する」があります。この意味では「劇をみる」などに使います。そして、「そのことに当たる。取り扱う。世話をする」という意味があります。このときは、「看る」と書きます。「事務をみる」「子どもの面倒をみる」のように使います。そして「 調べる。たしかめる」という意味があります。「辞書をみる」など使います。そして「こころみる。ためす」ときにもみるを使います。「切れ味をみる」などがそうでえす。「観察し、判断する。うらなう。評価する。」としては、「手相をみる」「将来をみる」「人をみる目がない」などに使います。「診る」という漢字を使うことが多いのは、「診断する」場合で、「医者にみてもらう」などがそうです。「新聞でみた」と使う場合は、「読んで知る」という意味で使います。「痛い目をみる」
というときのみるは、「身に受ける。経験する」という意味です。「見当をつける。そのように考える。理解する」という意味では、「明日は雨とみられる」とか「このようにみると」などと使う場合などでしょう。また、言われてみれば、そういう使い方もあると思うのが古語などに「夫婦になる。連れ添う」というときにも使うときがあります。 また、「みる」という単独で使わないで、「さわってみる」とか「やってみる」というように、動詞の連用形に「て」を添えた形に付く場合があります。そうすることによって「ためしに…する」「とにかくそのことをする」という意味になります。
「みまもる」というときの「みる」はどれが適当でしょうか。