調査結果

今月の18日に厚生労働省から「21世紀出生児縦断調査(特別報告)結果の概況」が発表されました。この調査は、「2001年ベビーの軌跡(未就学編)」といわれ、平成13年より毎年調査・公表している「21世紀出生児縦断調査」をもとに、出生から5歳までの間の家族状況、母の就業状況の変化、子どもの成長等を多面的に分析し、取りまとめたものです。この調査の目的は、21世紀の初年に出生した子の実態及び経年変化の状況を継続的に観察することにより、少子化対策等厚生労働行政施策の企画立案、実施等のための基礎資料を得ることを目的としています。しかも、厚労省が行うだけあって、01年生まれの子どもの親を対象に01年度から毎年追跡して調べ、6回目の06年度は欠かさず回答した約3万6千人分を集計しています。
今回の結果の一部が、新聞に掲載されていました。それは、5歳6カ月になった子どもの行動を、2回目(1歳6カ月時点)に聞いた「休日に父と過ごす時間」と照らし合わせたものです。その結果は、「1歳の時、休日に父親と過ごす時間が長かった子どもほど我慢強く、落ち着いて話を聞けるようになる。」というものです。そこで、厚生労働省は、子育てに父親の参加が大切なことを示すデータだとみています。
「我慢すること」ができると答えたのは、父親と過ごすのが「1時間未満」だった子で67%でしたが、「1?2時間」は70%、「2?4時間」は71%、「4?6時間」は72%、「6時間以上」は76%でした。「落ち着いて話を聞くこと」ができるのも、それぞれ77%、79%、80%、81%、82%で、父親と過ごす時間が長いほど割合が高かったという結果でした。
 また、「ひとつのことに集中する」「感情をうまく表す」「集団で行動する」「約束を守る」もほぼ同じ傾向で、できると答えた割合は「6時間以上」が「1時間未満」を2?5ポイント上回っています。この結果から、厚労省は「父親が幼児期に触れ合う機会を積極的に取ることの大切さがうかがえる。父親の子育てへの意識の芽生えにも効果があるのでは」としています。
 先日、姉妹園の卒園式で、近くの校長先生が祝辞の中で、「子どもを育てるうえで、やさしく受け止める母親の愛と、厳しく教える父親の愛の両方が必要だ。」と言いましたが、後で、保護者の一部から母子家庭がいる中で、軽率な発言だという苦情がありました。そういうことを言うと、今回の厚労省の発表はどうなるのでしょうか。
 また、こんな結果もあります。きょうだい構成別に、コンピュータゲームをする子の割合の変化では、「兄姉あり」は「兄姉なし」に比べ、「コンピュータゲームをする」割合が高くなっています。そして、「ゲームをしない」及びゲームをする場合「ゲームを1時間未満」するでは、「その日の出来事などを親に話しをする」、「「なぜ」、「どうして」と疑問に思うことを質問する」の割合が高くなっています。また、ふだんの日にテレビ(ビデオ、DVDを含む)を見る時間が少ないほど、「落ち着いて話しを聞くこと」「ひとつのことに集中すること」「がまんすること」「約束を守ること」の割合が高くなっています。 という結果を、兄姉がいる家庭もいるから出してはいけないのでしょうか。
「両親、兄弟がいなくてはならない」ということではなく、それぞれの家庭環境で気をつけなければならないことを言っているのでしょう。