カチカチ

今から100年前の1909(明治42)年6月19日に生まれ、39年目の同じ6月19日の早朝、玉川上水から入水自殺をした遺体が見つかったのは、太宰治です。ということで、ことしは、太宰治の生誕100年で、それに合わせて、さまざまなイベントや企画が行われています。先日紹介した津軽弁で語った「走れメロス」の本もそうですが、今日のニュースで流れたのが、青森県・弘前の菓子製造販売会社「ラグノオささき」が太宰の小説「津軽」を題材にしたクッキーを完成させたというものでした。パッケージは1944年に出版された太宰の小説「津軽」の初版本を模しており、中身は100%青森産のリンゴファイバーを使ったクッキーだそうです。菓子のキャッチコピーは「これは、食べる小説です」というものです。
また、太宰が晩年を過ごした東京・三鷹市と生誕の地の青森県五所川原市で、6月20日に「第1回太宰治検定」が行われるというニュースもありました。テキストは太宰の小説「津軽」を題材に、物語を読み進めながら津軽地方や太宰について学べる仕組みで、検定の問題は「津軽」と公式テキストから出題され、択一式で100問予定されているそうです。例題には、「小泊村(現・青森県中泊町)で、太宰と(子守の)たけは30年ぶりに再会する。再会場所はどこか。(1)たけの自宅(2)国民学校運動場(3)竜神様」というような問題が提示されています。
太宰は、自ら愛人と入水自殺を何度も計ったように、男女の愛については独特の見解を持っているようです。こんな結びを書いています。
「曰く、惚れたが悪いか。古来、世界中の文芸の哀話の主題は、一にここにかかっていると言っても過言ではあるまい。女性にはすべて、この無慈悲な兎が一匹住んでいるし、男性には、あの善良な狸がいつも溺れかかってあがいている。作者の、それこそ三十何年来の、頗る不振の経歴に徴して見ても、それは明々白々であった。おそらくは、また、君に於いても。後略。」
この文は、おとぎ話の「カチカチ山」のパロディー版として書いた太宰の「カチカチ山」の最後の文です。カチカチ山は、誰でも知っている話ですが、その残酷さは、童話の多くが持っている残酷さに比べても群を抜いています。それは、ウサギが狸にひどい仕返しをするというよりも、狸が助けてくれたおばあさんを殺して、それを汁にして、おじいさんに狸汁と言ってだまし、全部食べさせてしまうなどです。
太宰のカチカチ山の書き出しではこう書いてあります。「カチカチ山の物語に於ける兎は少女、そうしてあの惨めな敗北を喫する狸は、その兎の少女を恋している醜男。これはもう疑いを容れぬ儼然たる事実のように私には思われる。これは甲州、富士五湖の一つの河口湖畔、いまの船津の裏山あたりで行われた事件であるという。」
kawagutiko.JPG
カチカチ山から見た河口湖
ここに書かれている河口湖畔の「カチカチ山」に日曜日に妻と行ってみました。ロープウェイで登ったカチカチ山である天上山公園は、河口湖の全景や、富士山の裾野まで見渡せる絶景のロケーションでした。
katikatifuji.JPG
  カチカチ山から見た富士山
特に、快晴だったこともあって、あの残酷なカチカチ山の話も、美しい富士と、山頂に設置されているかわいらしいウサギとタヌキの置物で、おとぎ話だったのだということを思い起こしました。
katikatiyama.jpg