蛍の光

 卒園式、卒業式シーズンになりました。今年は、その中で学校ではアンジェラ・アキさんの「手紙」を歌う学校が多いそうですが、保育園、幼稚園では新沢としひこさんの歌に人気があります。それでも年度によって違ったり、年齢や場所によって歌う歌が違います。昔は、ほぼ歌う歌は同じでした。その代表的なものに「仰げば尊し」とならんで、「蛍の光」があります。もともとは、スコットランドに伝わるメロディーを元に、スコットランドの詩人ロバート・バーンズにより作詞されたスコットランド民謡ですが、1881年(明治14年)に我が国最初の音楽教科書『小学唱歌初編』に掲載されて、小中学校の卒業式で歌われることが多くなりました。
しかし、原曲は、懐かしい仲間との再会を祝して杯を酌み交わしつつ、昔の思い出話に花を咲かせるといった内容ですので、別れのときではなく、出会いのときの歌の気がするのですが、同じメロディーを元にした讃美歌「目覚めよ我が霊」があるように、荘厳な、落ち着いたメロディーなので、卒業式などの別れの場や、新しい門出にふさわしい名曲として歌い継がれてきたのでしょう。歌詞は、稲垣千頴が原詞とはずいぶん違ったものに作り直されています。
海外では、美しいメロディーなどは讃美歌などに使われ、歌い継がれることも多いのですが、日本では、戦時中に軍歌や、国民の気持ちを高揚させるためや、領土を広げるためなどに使われるという悲しい経緯をたどります。そうすると、その歌は戦後にみんなから非難を浴び、一切否定され、歌われなくなります。その例に漏れず、「蛍の光」も歌われなくなりました。確かに、4番、5番の歌詞はそのような内容になっていますが、もとの曲や、1番、2番の歌詞などは、私はとてもいいと思います。
「1.蛍の光 窓の雪 書よむ月日 重ねつつ いつしか年も すぎのとを あけてぞ今朝は 別れゆく 2.とまるも行くも 限りとて かたみに思う 千よろずの 心のはしを ひとことに さきくとばかり 歌うなり」
この最初の節に使われ、題名にもなっている「蛍の光」とは、「蛍雪の功」という中国の故事から取られている言葉であることは有名ですね。「遅くまで勉強をするときに、貧しく、灯油も買えなかったために、夏は蛍を集めその光で、冬は雪明りで書物を読むような大変な思いで月日を重ねてきました。そうしているうちに、いつしか年月がたって、今朝は杉でできた扉を開けてクラスメートと別れていきます。」この「杉」は「過ぎ」との掛詞であり、「杉の戸を開けて社会に出る」ということと、「…いつしか歳も過ぎの十(歳)…」という尋常小学校の卒業する10歳のときの気構えを掛けています。「ふるさとにとどまる者も故郷から出て行く者も、今日限りです。お互いに何千、何万というたくさんの思い出を心の端々をたった一言にまとめて言うならば、幸せでいて欲しいと歌うのみです。」「さきく」とは、「幸く」と書き、「無事でいて欲しい」という意味です。
 何も、「蛍の光」でなくともいいのですが、一緒に過ごした子どもたちが、これから先、それぞれの場所で、それぞれの生き方をしていくでしょうが、どの子も、自分らしく、自分がもっているものを、自然や、他の人に貢献する力に育てていって欲しいと思います。