わが身

 人を動かす時には、「その人を動かす」というよりも「その人が動く」ことによって、その行動の効果は違ってきます。その人の生き方に共感することによって動くことがあります。その人は、目的ではなく、主体でなければならないのです。でなければ、常の横にいて、指示をしなければ動かなくなってしまうからです。また、動くと言っても、「言った通りに動く」というのであれば、時間をかけて訓練をすればいいのですが、動く時に判断を伴う場合は難しくなります。しかも、その判断を自らしなければならない時にはより難しいです。ロボットを開発するうえで、それがどこまでできるようになるかが開発の大きなポイントです。しかし、最終的には、その判断に勘や、雰囲気や、感情が伴う場合は、人間にかなうものはありません。
 人を動かす時に、いくら教えても、いくら言ってもなかなか真意が伝わらないことがあります。それは、そのリーダーたる人への共感が薄いということもあります。その人の生き方、考え方に共感していると、人は動いてくれます。よく、「自分のことは棚に上げて」人にお説教する人がいますが、その場合に無理やりに頷かせることはできますが、人を感動させたり、心から納得してはくれません。
 論語の子路篇の中で孔子はこんなことを言っています。「その身正しければ令せずして行われ、その身正しからざれば令すといえども行われず」指導者の行為が正しければ、人は命令しなくても自ら動くのですが、その人自身の行為が正しくなければ、いくら人に命令してやらせようとしても、人はその人の言葉に従って動きはしないのであるということです。
 モデリングということばがあります。学ぶことは、「まねる」ことから始まり、「まねぶ」になり、「まなぶ」になります。その真似る対象で一番影響のあるのは、リーダーであり、子どもからすると親であり、身近な大人です。反面教師という言葉がありますが、これは大きくなってからの影響で、自分の考えができてからの話です。しかも、「ああは、なりたくない」と思えるのですが、「どうしたらよいか」ということにはつながりません。
 東京都の取り組みで「子どもにあいさつさせよう!」というものがありますが、私はこのスローガンよりも、「子どもにあいさつしよう!」という方がいいと思います。先日、園の見学者から、保護者からの苦情の一つに「職員があいさつしない」というものがありますと言われました。これはどの園でもよく言われることですが、「職員にあいさつしよう」ということで接してくれれば、必ずあいさつを返すと思うのですが。
 しかし、モデルと言っても、立場が違えば必ずしも同じことをして示すことはできないことがあります。保育者に「子どもを受容するようにしなさい」と園長が言ったときに、「では、園長が子どもを見てください!」というような大人げない言葉を返す人がいますが、それは、それぞれの立場の役目があるので、おかしなことです。その時にその言葉に説得力があるのは、もちろんその言葉の意味をよく理解し、子どもを理解していなければならないのですが、それにまして、園長の行為が常に正しくあるように努力をしていなければならないのです。人は、金や地位で動かすものではなく、リーダーの自らの行為と、リーダーの部下を信じる気持ちが人を動かすのです。

わが身” への4件のコメント

  1. 仕事柄、これまで数多くの園長先生と出会ってきました。印象に残る素晴らしい先生に共通しているのは「誠実」ということですね。職員や父兄に対して、子どもたちにも一人の人格者として接していたように思います。もちろん、私たち業者とも良き友人としてお付き合いいただいたことはとても感謝しています。そんなリーダーのいる園は、職場の雰囲気もとても良くて、仕事をしていても楽しかったものです。大切な「子ども」の人格を育む職場だからこそ、そのリーダーにはより高潔な倫理性と深い子供理解に基づいた指導力が求められますね。親の要求、行政との対応、制度の変化と何かと大変だと思いますが、「我が身」が子どもたちに対して誠実かどうかの一点を忘れてほしくないですね。

  2.  子どもに自分で判断させて行動させるのは、すぐに習得できることではないと思います。大人でもそう簡単には自分で考えて行動に移すことは容易なことでないと思います。だからと言って、常に指示を出して動かしていては、いざ一人になったときに全く動けなくなってしまう恐れがあります。人を自発的に動かす事というのは、なかなか難しいものですね。指示をして人を動かすことはとても簡単なことですが、その真意を伝わらないとないとあまり意味がないですね。藤森先生が言われるように上司、先生が部下や子どものことを信じ、自らモデルを示すことが大切なことなんですね。

  3. 「その人を動かす」と「その人が動く」、字にするとわずかな違いですが、中身は大きく違います。生き方や考え方に共感してもらえるように、常に自分自身を見直すことは必要ですね。生き方や考え方は普段からの何気ない言動から伝わると思います。だからこそ作られたものでは通用しません。本物になりたいと強く思います。

  4. それ以上でもそれ以下でもない自分を実現したいと思いつつ、どうしても「それ以上」や「それ以下」の自分を演出して後で大変後悔することがあります。「増長慢」と「卑下慢」ともに慢心から来るものです。おかげさまで、「慢心」なる自分の客観化がひと頃に比べてできてきているような気がします。それゆえ、そうした心か発出する行動に歯止めをかけることもできるようになりました。そうすると自己の「役目」「役割」というものが自覚でき同時に相手の「役目」「役割」が見えてきます。こうなると自分に自信が沸いて来て相手を信頼することができます。「その身正しければ令せずして行われ」、今回のブログからも大いに学ぶことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です