昨日の日曜日はとても天気が良く、自宅からもくっきりと富士山を見ることができました。もっと大きく富士山を見ることができないかということで、出かけようと思って、とりあえず、妻と中央線に乗って、山梨の方へ向かいました。どの駅で降りようということでいろいろと考えたのですが、いつも素通ってしまう駅で「猿橋」という大月の一つ東京寄りの駅があるのですが、そこにある「猿橋」を一度見たいと思っていたので、そこで降りることにしました。山梨県大月市猿橋町の桂川にかかる「猿橋」は、山口県の錦帯橋、徳島県のかずら橋と並ぶ、日本三大奇橋の一つです。
saruhasi.JPG
この橋の構造形式は、「肘木けた式」と呼ばれ、橋脚がなく、両岸より張出された四層の桔木を支点とし、上部構造を支えているもので、昭和7年に名勝指定を受けています。猿橋の歴史は古く、初期の建築年代は600年頃百済の国の志羅呼が、猿がつながって対岸に渡る姿を見て、これを造ったという伝説がありますが、よくわかっていません。そのことは、1478年の廻国雑記に、「猿橋とて、川の底千尋に及び侍る上に、三十余丈の橋を渡して侍りけり。此の橋に種々の説あり。昔猿の渡しけるなど里人の申し侍りき。さる事ありけるにや。信用し難し。此の橋の朽損の時は、いづれに国中の猿飼ども集りて、勧進などして渡し侍るとなむ。然あらば其の由緒も侍ることあり。所から奇妙なる境地なり。」と書かれています。
しかし、この橋はとても重要で、戦国時代には、甲斐の国を治めていた武田氏が、抗争において度々猿橋に陣を張ったという記録が残っているように甲州防御の拠点でした。江戸時代になると、徳川幕府により開設された五街道の一つの甲州街道の宿場でもありました。江戸城に万が一の事態に遭ったときには甲府城を幕府の拠点にするための重要な軍用路だったと言われています。
mukasisaruhasi.jpg
橋というのは、昔から重要な役目を持っていました。そのために、橋を造る職人は、とても重要視されました。昨年末に鹿児島を訪れた時、「石橋記念公園」に行っていました。ここには、鹿児島市街中央を北西から南東に流れる甲突川の上流から玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋という五つの大きなアーチ石橋が架かっています。
koraibasi.JPG
高麗橋
その五つの橋は今から160数年前の江戸時代末期の1940年代に架けられたもので、昔から「甲突川の五石橋」と呼ばれて親しまれていました。これらの石橋は、薩摩藩の財政と「肥後の石工」という絵本に取り上げられた肥後の石工の中でも特に卓越した技術を持っていたと言われた名石工「岩永三五郎」の架橋技術を誇る歴史的所産でした。
iwanaga.JPG
しかし、残念ながら、最近の1993年8月6日の集中豪雨による洪水で、新上橋と武之橋が流失してしまいました。その後、貴重な文化遺産として後世まで確実に残すため、西田橋、高麗橋、玉江橋の三つの橋が河川改修に合わせて移設・保存されることになりました。そして、2000年に移設復元されているところが石橋記念公園なのです。
以前のブログでも「肥後の石工」のことを取り上げましたが、橋という建造物は、その技術がそのまま構造体として見えるために、見ていて感動します。

” への4件のコメント

  1. 地元徳島のかずら橋はもちろん、錦帯橋も鹿児島の五石橋も渡ったことがあります。特に、鹿児島では甲突川沿いに住んでいたので、懐かしいですね。その昔、西郷さんや大久保さんが闊歩していた頃を彷彿とさせますね。橋脚のない橋の始まりは、かずら橋のような吊橋だと言われています。それが猿橋のような「刎橋」に変わり、広い川に架けるために錦帯橋のようなアーチ橋に進化したと言われています。測量技術も発達していない昔、こんな見事な建造物を残した先人の匠の技にはどんな知恵が隠されていたんでしょうか。とても興味があります。

  2.  橋と聞いて思い浮かぶのは、やはり瀬戸大橋です。高校のとき、香川県へ遠征に行ったときに車で通りましたが、初めて大きな橋を通ったのでとても感動していたのを覚えています。そして東京のレインボーブリッジは大学のときに友人とお台場へ遊びに行ったときに通りましたが、それも感激しました。個人的に橋が好きなので、とくに山の中によくある「つり橋」など歩いて渡るのがとても大好きです。橋の事や建築については詳しく分かりませんが、写真の「猿橋」は構造がとても複雑に出来ているところが素晴らしいというか、かっこいいと思いました。ワイヤーやコンクリートなど無い時代、木だけでこれだけの橋を作る技術があるというのは本当に凄いですね。昔の職人さんが重要視される理由が伺えます。

  3. 以前テレビで、気の向くままにいろんな駅で降りて町を探索するというテレビをよく観ていましたが、そんな感じの楽しそうな日曜日ですね。写真の橋はなんだかすごい造りです。当時この橋がどのように作られていったかを見てみたくなります。先日近所の橋の工事を見かけました。普通の橋でしたが、それでも見ていてわくわくしました。「猿橋」の工事なら感動してしまうでしょう。

  4. 「猿橋」を見上げる台場の白いモノ・・・雪ですねぇ。中央線も大月付近に行くと雪景色?を目にすることができる。割りと近場に冬を感じられる所があることに驚きました。さて、今回のテーマ「橋」は魅力的です。「橋」には芸術性すら感じます。そして「橋」にはそれぞれ名前があり、その名前には多くの由来が詰め込まれているのだと気づくことがしばしばです。「猿橋」が何故「猿橋」か、「廻国雑記」を引用紹介してその所以を私たちに開示して頂きましたが、なるほど奥深い内容です。猿が渡しとは俄かに信じがたく「猿飼」が勧進して云々。まさに「奇妙なる境地なり」ですね。長崎のめがね橋が洪水で流されたニュースに驚いたことを思い出しました。「甲突川の五石橋」のうち2橋がやはり洪水で流されたのですね。水の力の恐ろしさを思い知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です