封切り

 私は映画をたまに見ますが、大体は妻と見ることが多いので、見に行く日は日曜日の昼間です。「夫婦50割引」という、どちらかが50歳以上の夫婦2人であれば、一人1000円というキャンペーンが継続されている映画館が多いので、二人で行っても、ほぼ一人分で見ることができるので助かります。それから、話題作は日曜日は込んでいることが多いのですが、ネットで事前予約ができ、座席指定ですので、日曜日でも見に行くことができます。また、妻が一人で見に行く時は、レディースデーの昼間に行くことが多いようです。私は、今は忙しくて、一人で映画を見に行くことは少ないのですが、行く時は、平日の夜の部です。
 私は、中学生のころから映画をよく見に行きました。住んでいたのが、浅草のロックや、有楽町という映画館が数軒並んでいる街に近いということもあって、気軽に行きました。そのころ見に行く映画は、私の場合、ほとんど洋画で、特に「ウエストサイドストーリー」の影響で、ミュージカルはほとんど見に行きました。
 そのころを思い出してみると、映画を見に行ったのは「ロードショー公開」でした。映画におけるロードショーとは、「映画の封切り」のことをいいます。しかし、もともとは違う意味でした。最初は、おもにアメリカの演劇界で使われていた言葉で、新しい作品をブロードウェイで上演する前に、その作品がどのくらい受け入れられるかを、地方を回って上演を行い、そこでの評判をみました。そのように、ブロードウェイよりも前に行う上演のことを、一般に「ロードショー」といいました。それが、映画では逆に、まず、都市部で先行して上映を行い、そこでの評判や観客動員を見て、全国展開をするかということをきめました。この「都市部での先行上映」のことを「ロードショー」といったのです。私は幸い、都市部に住んでいたので、誰よりも早く封切映画を見に行くのが趣味でした。しかも、その中でも第1回目の上映に行くことを目指しました。
 ロードショーの第1回目は、さまざまな特典がありました。よくあるのは、その映画のポスターをプレゼントされます。ですから、私の部屋は、映画ポスターをパネルに水貼りをしたものが何枚も飾ってありました。また、出演者たちが舞台あいさつをする時があります。そのほか、特に面白い経験をしたことがありました。「最高にしあわせ」というミュージカルを見に行ったときに、その映画の鑑賞者みんなが立ち会いをして人前結婚式を挙げた時です。会場が映画館で、仲人が高島夫妻でした。
 私がロードショーの封切り日に見に行ったということは、何曜日だったのでしょうか。私の高校は、そのころから隔週土曜日が休みだったので、土曜日だった気がします。今も、封切り日は土曜日のことが多いようです。それが最近変わってきつつあるということが、先日の新聞記事に書かれていました。
最近、大手洋画配給会社の注目作を中心に、金曜封切りが目立っているというのです。次回作の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」も世界同時の金曜公開が決まっているそうです。この作品が世界同時ということは、ほとんどの国での初日は金曜日なのです。日本でも、1990年ころに金曜日封切りにしたことがありましたが、当時は定着しなかったようです。それがまた金曜公開になったのは、「週休2日制が根付いて、金曜夜はゆったり過ごす人が増えてきた。そんな社会環境の変化への対応」と言っています。劇場側からも「金曜夜は映画、という生活リズムを確立したい」という機運が出てきたようです。ただ、金曜封切りとなると、映画初日の“主戦場”は夜の上映になるために、ファミリー向け作品などには適さないとみられ、どうも作品ごとに判断するようです。
生活様式の変化は、いろいろなところに影響するのですね。

封切り” への4件のコメント

  1. 映画館にも厳然と序列があって、藤森先生のお好きな「封切館」の下に、「2番館」「3番館」「名画座」がありますが、四国徳島に「究極の3番館」と言えるような映画館があります。吉野川のほとりにあるつるぎ町の「貞光劇場」がそれです。昭和7年に町民数人がお金を出して建てたかつての芝居小屋で、山田洋次監督がそのレトロな建物に一目で惚れこんで、映画「虹をつかむ男」のロケ地にもなったほどです。映画全盛の頃は、賑やかだったこの映画館も、近頃はめっきりお客も少なくなっているようですが、映画好きな御主人が一人で黙々と映写機を回し続けているそうです。こんな田舎にも、素敵な映画馬鹿がいるんです。

  2. なるほど「都市部での先行上映」のことを「ロードショー」というのですね。中学時代に毎月購読していた映画雑誌が「ロードショウー」でした。中学時代とくに中学2年生の頃は新しい映画が始まるとなんとかお金を都合して(親にお願いして)映画館に出向いていました。残念ながら「ポスターをプレゼント」ということはなく販売しているポスターやパンフレットを購入し、またはチラシを丁寧に集め、いよいよその収集熱が講じて通信販売でパンフレットやチラシを購入するまで至りました。都会とは全く懸け離れた環境で過ごしていましたが、雑誌「ロードショー」などによってどんな映画がこれから「封切り」となるのかとても楽しみにしていました。しかし、この映画熱も父の交通事故と高校受験準備ということですっかり冷めてしまいました。映画館に足を運ばなくなって随分時間が経っています。

  3. 都市部で先行上映されても、映画館のない私の地域には当然やってきません。今どんな映画がはやっているか、そんな情報もあまり入ってこないので少し寂しい気もします。まあ、いろんな生活様式の変化から映画館がなくなってしまったとも言えるので、仕方のないことですが。都会の変化も大きいですが、田舎の変化も大きいです。

  4.  私も映画は大好きです。学生の頃は時間があったのでよく友人と見に行きましたが、現在は平日は時間的に厳しいので休日にたまに見に行きます。
     地方に住んでいたのでロードショーの存在は初めて知りました。でもテレビで映画のCMで先行上映という言葉を聞きますが、それが「封切り映画」なんですね。確かに全国に放映する前に見れるという特権は映画が好きな人にとっては最高のイベントかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です