後楽

 リーダーというものは、激しい攻撃にあうことがあります。それは、変化をしようとするからです。率先して、チェンジにチャレンジするのがリーダーであるからです。人は、変化にはしり込みをします。今、そこそこやれているものを変えようとするのは、特に勇気が要ります。しかも、その変化には先の見通しがなければなりません。その見通しが立てられるのも、リーダーの資質であるとすれば、リーダーが攻撃されるのは必然かもしれません。
野球の巨人軍のホームグラウンド東京ドームにほど近いところに「後楽園」があります。同じ名前の公園が岡山にもあります。この名前の由来は、「士は天下の憂いに先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」という中国の「岳陽楼記」からきています。この岳陽楼とは、中国でよく知られた古代建築の一つです。昔から、多くの文人墨客が岳陽楼を詠った詩や文章を書いています。その中で最も有名なのが、1000年前の北宋時代の范仲淹が書いた「岳陽楼記」です。そして、その中で一番有名な句が、この「先天下之憂而憂 後天下之楽而楽」でいうもので、その中の一部を取って、「先憂後楽」という四字熟語になっています。また、この「岳陽楼記」を書いた范仲淹という人は、中国・北宋の政治家であり文人でした。彼は、六経・易に通じ常に感激して天下を論じ一身を顧みなかったといわれています。
「天下の憂いに先立ちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」とは、「士はまさに、天下国家の憂いを世の人々が未だ憂えない前に憂え、世の人々が楽しみ、豊かになった後に楽しむものである。」という指導者の心得を表したものです。この言葉のように、リーダーは、世の中をよく見て、他の人より先にその現状を憂えてまず行動すべきです。人々が困ったり、憂えたりしてからやっと憂えるのであれば、リーダーの資格がないと言えるでしょう。
そして、その憂いに対して行動しようとするときには、さまざまな障害があるかもしれません。「自反而縮。雖千万人。吾往矣。」です。この言葉は、「自(みずか)ら反(かえり)みて縮(なお)くんば、千万人と雖(いえど)も吾(われ)往(ゆ)かん。」ということで、中国の古典「孟子」の公孫丑上篇にある一節で、孔子が「大勇」について語った言葉です。その意味は、「自らを省みて、正しくないとわかれば、たとえ相手がとるにたらないものでも私は恐れる。しかし自らを省みて、正しいと思うのであれば、私は千万の敵であろうと恐れることはない。」ということです。「縮」というのは、「義理にあう」「正しい」ということであり。よく自分のことを振り返り、その行為は、見栄のためであるとか、自分の保護のためであるとか、物欲のためであるとかではなく、自分としてはやましい心はなく、正しいと思えるのであれば、どんなに世界中が反対しようとも自分の道を貫くべきであるということです。
 その道を貫くのは、勇気がいります。勇気の源は、内心の正しさであると言っているのです。相手の強さ、年齢、地位ではありません。自分にやましいことがあれば、子どもの前でもひれ伏すしかないのです。