老いと豊かさ

 高齢者の言葉は、長い時間の経過の中で実際に体験してきたことから出てくるので、とても説得力があり、それは、科学的にも正しいことが多くあり、とても参考になります。また、寿命というのは、もしかしたら人によって定めれらた運命的なところもあるかもしれません。しかし、その与えられた人生をどう生きるかということは、自分で開拓していくものです。それは、実際の行動で示すこともありますが、考え方でその人生が熱くなることがあります。それは、決して高齢者に限らず、若い人であっても同じことが言えます。年をとっていくということなどを含めて、今、自分に与えられた様々な課題は、自分の人生を厚くするためのものであると理解することは、その後の人生を有意義に生きることにつながります。
 読売新聞の連載の中で昆虫画家の熊田千佳慕さんは、80歳の時、昆虫の微細な起伏や模様に気がつきます。その時に「先がないから『もっと見ろ』と神様に言われたのかもしれない。」と思うのです。その後、天命によって絵を描き続けます。描き続けているうちに、90歳になるころ、心身の老いと疲れを感じ始めます。そこで、「二分の力を残して」作業を終えるようにします。全力を注がないようにしたのです。すると、仕事は中途半端になるかと思いきや、逆に、作品に「豊かさ」という新たな評価が加わったといいます。熊田さんは、「僕には『老後』はない。」と言い、70歳からの「成長する老い」を生きているといいます。老いて力を抜くことは、豊かさを増すことであると考えるのです。そうなると、老いることは、衰えることではなく、成長するということになるのです。
 そのことを、理化学研究所センター長の渡辺さんは、このように説明します。「老化とは、疲労などで脳などの組織が傷つき、生命の根源である回復力が失われる現象である。」ですから、心身をリラックスさせるなど、力加減を知ることが長寿の手がかり。柔軟な回復力は疲労による脳の損傷も治すのだそうです。柔軟さが、老化を妨げるのです。歳をとるに従って、かたくなに自分を変えようとしない人をよく見ますが、それは、信念が強くなったのではなく、老化を加速させることなのです。
 一方、慶応大準教授の高山さんは、発達心理学から老いを説明しています。「知能は生涯を通じて発達する。おいて経験を得ることでこそ磨かれ、豊かになる知恵という力もある。」老いることで、知識は減少するかもしれませんが、柔軟性は、知恵を豊かなものにしていきます。それは、生物学を学ぶ意味は、知識を得ることだけではなく、生物の示す真実を私たち一人一人の人生に生かすことです。」と、どのような真実を私たちに示してくれているのでしょうか。それは、「生物をよく観察すると、無心に生きながら、足りないものを補い、欠けたものを再生し、その生き様はまさしく柔軟です。」と、京大名誉教授の岡田さんは言います。
柔軟さに目を向ければ、「自然の仕組みの素晴らしさに感動すれば、それぞれの年代の肌、容姿があり、それをありがたく受け入れる姿勢になります。マニュアルや知識ではない。本当の長寿を支えているものは、こうした心のありようだと深く感じるのです。」と言います。「生物には人間のような知性はありませんが、健康に生を全うするための優れた五感を備えています。豊かに生きるためには、私たちも都市生活などで失ったこの五感を研ぎ澄まさなければなりません。常に軌道修正しながら、止むことのないしなやかな生き方、大事なものは本質です。」
いろいろなところに通じる言葉です。