郷中2

 薩摩藩における「郷中教育」は、今の時代の「学びあい」に通じるものがある反面、その違いに見習うべきところもあるような気がします。
 郷中教育では、青少年を「稚児(ちご)」と「二才(にせ)」に分けて、稚児は年齢によってさらに、6・7歳?10歳の小稚児(こちご)と11歳?14・15歳の長稚児(おせちご)に分けられ、稚児のリーダーとして稚児頭(ちごがしら)がいました。また、二才(15・16歳?24・25歳)のリーダーとして二才頭(にせがしら)がいて、二才と稚児の面倒をみていました。
ここで少し話は変わりますが、今で言う青年の頃を「二才」というのはどうしてでしょうか。この言葉で思い出すのは、「青二才」という言葉です。「青」は未熟の意味です。「赤」の「熟」に対立した言葉で、名詞の上に付けて未熟、幼少を示します。「青田」「青葉」などがあります。しかし、その語源は余りはっきりしていません。「二才」は、大言海には、その二に、「特に鱸、鯔などの2年子」とあり、その三に「若者を卑しめて罵る語、青二才、毛二才、小二才などともいう。乳臭児」とあります。この2番目の意味からが語源だという説が有力です。鯔(ぼら)という魚は、成長とともに名前が変わっていく、いわゆる「出世魚」です。その呼び名は、地域によって違うようですが、どこでも2年魚以上を「ボラ」といい、成長して一人前になったばかりの若魚のことです。ですから、「二才」だけでは、本当は嘲罵の意味は含まれていないのです。
「郷中教育の研究」(松本彦三郎 著)には、学びあいの様子をこう書いています。「同輩は相補い助け合い、一処においては先生であり、そして他処においては生徒であった。一方において教えられながら、他方において教えている。換言すれば学びつつ教え、教えつつ学び、学と教と一体の教育であったのである。」
この考え方は、教師にとっても必要なことです。また、育児をしている親にしても、子どもを教えている、育てているという大人が主体的な考え方だけでなく、子どもから教わり、育てられているという態度も必要なのです。そのことに関して、松本氏はこう書いています。
「郷中教育では、指導の立場にあるものは完全せる成人ではなく、未完成な青年であり、未成熟な少年でさえあった。この指導者は、単に先に生まれ出て僅かに1日の長者たるだけの人格で、換言すれば、僅かに「より完成せる人格」というだけで、その資格が認められていた。」
ここが、今の学校教育と違うところだといいます。「今日の学校教育においては、指導の任に当たる者は、特定の資格を完全に具備すると認められたる職業人で、いわば神のごとく完全なる人格でなければならぬことである。教育とはこの完全者が、未熟な不完全な人格者にある種の働きかけをなすものと考えられている。したがって学ぶこと、修習は、被教育者の側のみに強く要求せられ、教育者たる教師には、現在より以上の修行は必ずしも義務付けられていない。教師はいかなる場合にも教師であって、生徒たることがない。教育者と被教育者とは、ここにおいては、終始固定的概念と化しているのである。」
ここに、今の時代に学ぶべき点が見出せるかもしれません。

郷中2” への5件のコメント

  1. 学校教育における「教師と生徒」の関係が今日のブログの最後部に紹介されていましたが、私はこの部分を読んで即座に「軍隊」を想起しました。上官は「神のごとく完全なる人格」「完全者」「現在より以上の修行は必ずしも義務付けられていない」云々。かつて教師はそうい存在であったのでしょう。もっとも今現在は異なっています。現在の学校の「先生」たちはおよそ8000人が精神疾患等等で休職しなければならない事態に陥っています。いつも生徒や同僚、管理職、そして保護者の目を気にしています。生徒と友だちになろうとする先生もいます。その一方で生徒に対する管理をもっともっと徹底すべきだという先生もいます。「学びつつ教え、教えつつ学び、学と教と一体の教育」を実現するために今の教育方法を勇気をもって見直すことはできないのでしょうか。そうすれば先生も生徒も楽になるような気がするのですが・・・。

  2. 子どもから教わり育てられているという態度も必要というのは、まさに同感です。私自身、子どもと関わる中で学ぶべきことが多く、育てられているという実感を持っています。個性を認め、多様な価値観を認めるということにもつながっていくことだと思います。子どもも大人も学びあう、そんな関係を当たり前のこととして作り上げていき、その中での体験を重ねていくことは、子どもにとっても大人にとっても今まさに求められていることだと思っています。教師に「神のごとく完全なる人格」を求めるなら、それは自然な形の人間社会ではないような気がしてしまいます。

  3. 今読んでいる「巨眼の男・西郷隆盛」が「奇兵隊」の章に入ってきました。この奇兵隊で活躍する高杉晋作や井上聞多、伊藤博文を育てのは有名な吉田松陰ですが、彼もまた、「師弟同門主義」といって、自らを師とせず、塾生たちを門人と呼ばず、「異体同心の友」と考えていたことはよく知られています。『然れば師弟共に諸共聖賢の門人と云ふものなり。』『教授は能はざるも、君等と共に講究せん』師が上に立つのではなく、傍らで子弟と共に、兄弟の如くともに人間の道を探究する偉大な人物だったことがうかがわれます。つまるところ、維新回天の偉業を成し遂げた薩摩と長州の英傑たちは、全く同じ理念のもとに、人間教育を受けたことになります。これからの日本の教育の在り方を論ずる上で、注目すべき点であると思います。

  4.  郷中教育では15・16歳?24・25歳の成人になっている人までもお互いに学びあっていたのですね。確かに、子どもの時に大人になっている人に面倒を見てもらったら、自分が逆の立場になれば、自然と面倒をみるようになるかもしれませんね。
     子どもに教えられるとうのは、本当にあると思いますし、とても大切なことだと思います。まず、子どもはまだ生まれて数年しかたっていないと思って何も出来ないと見るのでなく、出来るようになるのを信じる事が必要だと思います。先生というのは子どもがどのような事に興味を持つか分からないので、色々な知識や経験など必要かもしれません。ですが、逆に子どもから教わることも多々あると思います。それなのに、ブログの最後ほうに書かれていますが、神様のような存在というのは、おかしいと思います。

  5. 「教育とはこの完全者が、未熟な不完全な人格者にある種の働きかけをなすものと考えられている」という点が、子どもたちを、また、教育者たちすらを苦しめている原因のように強く感じました。教師というのは、どこか「完璧な存在」かのような位置付けで持って社会も認識してしまっているように感じますし、そう思ってしまうと少しでも欠点が見えれば、それを攻め立て、本人も完璧であろうとすることで少々の窮屈さだけでなく、挑戦する機会に積極的になれないという姿が出てきてしまうようにも感じました。「同輩は相補い助け合い、一処においては先生であり、そして他処においては生徒であった。一方において教えられながら、他方において教えている。換言すれば学びつつ教え、教えつつ学び、学と教と一体の教育であったのである。」という言葉を、忘れないようにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です