太郎

 現在、人気のある名前ベストテンは女の子では、「優那」「優奈」「葵」「陽菜」「凛」「愛」「美咲」「さくら」「遥」「楓」です。男の子では、「翔太」「翔」「蓮」「陸」「奏太」「翼」「颯太」「大翔」「大輝」「悠斗」です。これは、漢字で書く場合であり、読み方になるとまた違ってきます。漢字では、よくある名前のように見えても、最近は読み方が様々な場合があります。また、時代を反映して、そのときにはやったテレビやドラマの主人公や、皇室の方の名前なども影響するようです。
 ちなみにアメリカではどうでしょうか。2007年のベストテンでは、男の子は、「Jacob」「Michael」「Ethan」「Joshua」「Daniel」「Christopher」「Anthony」「William」「Matthew」「Andrew」です。女の子のベストテンは、「Emily」「Isabella」「Emma」「Ava」「Madison」「Sophia」「Olivia」「Abigail」「Hannah」「Elizabeth」です。それ程突拍子もない名前は無いようです。それは、たぶん国民にキリスト教が根底になるからで、それにちなんだ名前が多いようです。
 かつて、名前にはその子に対する願いをこめました。また、兄弟が多かったので、誰にでもわかるように、その兄弟の何番目かというように、番号を振るという意識で名前を割り振ったりしました。順番を表す名前の代表が、「一郎」でしょう。しかし、野球の選手の「イチロウ」ではありませんが、この名前は必ずしも長男ではないようです。その中で、日本の名前で男の子の代表的なもので、必ず長男にしかつけない名前に「太郎」があります。なぜ、太郎が長男を表すようになったのでしょう。
 「大」という字は、「人」が天地の境である「一」に頭を飛び出させた字です。そして、大きくなるのです。そして、その両方に広げた足のあいだにある「ヽ」は、正しい道を進むための杖を表しています。「天命を受け、力強く、心身共に正しい道を歩むもの」として、「男は太郎たれ」といわれ、家を継ぐ長男に付けられてきた名前です。
浮川さんが、学生時代家庭教師をしていた受け持ちの中学生が病死をします。その子の名前が「太朗」でした。その「太郎」という名前は、日本の男の子の代表的な名前であることや、「太郎よ、日本一になれ」という思いを込めて、ジャストシステムの社長になった浮川さんは、後に看板製品になる日本語ワープロソフトに「一太郎」という名前をつけたのです。
女の子の日本の代表名名前といえば、花子でしょう。花とは真理の闇(不条理)に悩みながらも苦労を受けて立つ精進努力を表していると解釈されているものがあります。そうすれば、いずれは開花し、幸せが訪れるといわれています。ジャストシステムは、統合グラフィックソフトには、「花子」という名前をつけています。
今、「太郎」と「一郎」が世間を騒がし、先日は両雄対決が行われました。その内容は、天から導かれた天命によって、正しい道を探って行こうという姿勢には程遠いものでした。日本の伝統ある名前を持っているのですから、もっと、日本を代表するにはじない発言をしてもらいたいものです。

太郎” への5件のコメント

  1. 太郎という名も製品の一太郎の名も、素敵な思いが込められているんですね。このように名前の由来を聞くことがありますが、名付け親の温かい気持ちに触れることができ嬉しくなります。思いを知ると、その名前が生き生きとしてくるように感じます。
    さて問題の「太郎」と「一郎」です。どちらがどうというわけではありませんが、立場上「太郎」の方が圧倒的に発言の影響力は大きいです。その立場で、必死に何とかしようとふんばっている人に対しての心無い発言には唖然とします。人それぞれ立場や役割があり、それに応じた言動というのは、やはりあると思います。うーん、言いたい事はまだまだありますが、このくらいにします。

  2. アメリカの新大統領・オバマ氏のフルネームが、「バラク・フセイン・オバマ」だということはよく知られています。フセインというミドルネームが表すように、彼の父親も祖父もイスラム教徒でした。インドネシアで生活した時には、イスラム教とキリスト教の両方の学校に学んだといいます。そんな彼が、宗教的対立、民族間の紛争が渦巻く今という時に、アメリカの大統領になったということは、やはり『天から導かれた天命』というほかはありません。いましがた、彼の勝利宣言の文面を読みました。『平和と安全を求める人たちへ。私たちはみなさんを支援します。そしてアメリカという希望の灯はかつてのように輝いているのかと疑っていたすべての人にお伝えします。私たちは今夜再び証明しました。この国の力とは、もてる武器の威力からでも富の巨大さからくるものではない。この国の力とは、民主主義、自由、機会、そして不屈の希望という私たちの理想が内包するその揺るぎない力を源にしているのだと。』なんと感動的な名演説でしょうか。思わず目頭が熱くなってしまいました。政治家の質がその国の質を表すような気がしてなりません。

  3. 祖父には「太郎」が名前にあり、父には「一」の字があります。両者ともに長男で家督を相続しました。私も長男で家督を相続していますが、私の名前には「太郎」も「一」もありません。その代わりに「彦」の字があります。意味は「くっきりとひいでた顔をした男。美男子。 才徳のすぐれた男。」だそうです。どうも実際とは異なるようです。私の名前は祖父が付けました。その時「彦」の字を用いたのは「海彦・山彦」からと聞きました。水陸両用人間になれ、という願いがこめられていたからでしょうか。おそらくそうではなく、「日子」、すなわちの「神の子」という意味で用いられたのだと思います。もちろん氏神の子という意味です。今日のブログで自分の名前について考える機会を持ちました。ありがとうございました。

  4.  保育園でもなかなか漢字だけでは名前が呼べない子どもがたくさん出てきました。私が小学校の頃なんて、いかにも珍しくて可愛らしい名前の子どもなんて一人か二人位しかいなかった記憶があります。それが今では普通で、太郎や花子のような名前の方が珍しくなっています。そんな「太郎」と「花子」の名前の由来というのは初めて聞きました。「太く立派に生きる」や「花のように美しく育って欲しい」など勝手に想像していました。まさかこんなに立派な由来だったとは思ってもいませんでした。やはり代表的な名前だけあって、理由も日本一ですね。

  5. まさか、ここで子どもの頃に目にした日本語ワープロソフト「一太郎」に出会うこととは思いませんでした。一太郎というのは、「太郎よ、日本一になれ」という思いが込められていたのですね。名前というのは、その人の道を指し示すものであると感じています。「その名に恥じぬ」ということをよく耳にしますが、その名がその人を作っていくということもあるのでしょうかね。よく、記名する書類のお手本として、日本の代表的な名前「太郎」がよく使われており、それも変わっていくのかなと思っていましたが、その漢字の理由を知って、それは変わらないなぁとも感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です