郷中3

江戸末期に薩摩で行われた「郷中教育」では、教える立場にある者も、常に真摯な態度で不断に修業にいそしんだとあります。さらに、指導する地位にあるものは、率先して修学の模範を示し、教育がより価値高き人間の形成を意味するものとするならば、それは終極なしの不断の努力であるべきで、子弟同行でなければならないと松本氏は書いています。
この「子弟同行」というのは、教師と生徒がともに教育の道を同行することです。しかし、それは、教師は教師の地位にいて、生徒は生徒の地位にいて、ただ同一事を協力するということではないといっています。「師は師弟とともにあるときは、もとより子弟を導いて共同行践し、師弟のより完全化への努力に助力するのは当然であるが、師はまた自己自身の立場においては、自励研磨、自らの向上、自らの形成の道を独歩行践し、模範的に教育に逞しく精進するものでなければならぬ。かかる深い意味での師弟同行の教育こそ、実に郷中教育の本来の面目であったのである。」
「学びあい」と称して、教師は何もせずに子どもだけで教えあうことをさせることがあります。それは、勘違いをしている部分があります。また、この学びあいには、いわゆる「他者支援力」という力が育っていることが必要になってきます。きちんと「学びあい」の意味を子どもの発達の上からも考えないといけないのです。
いま、「総合的学習」が見直されています。その総合的学習を進めることで基礎学力が低下したと見られているからです。しかし、「自ら課題を見つけ、自らその課題に取り組む姿勢」を目指した教育は、今後ますます重要になってくるはずです。それが失敗したのは、そのような学習、教育に取り組む前に、そのような姿勢を育てていくことが必要になってくるのです。就学前教育の中で、きちんと子どもをしつけなければ、きちんと挨拶ができ、きちんと座っている子を作るという課題が優先され、自分でものを考えたり、自分でやりたいことに取り組むことなく、言われたとおりに動き、言われたことだけをやるようなことをして学校に送り出しても、総合的学習は失敗するでしょう。
同じように、ただ、大人からの保護だけを受けて育ってきた子に、他の子を支援するような「学びあい」はうまく行きません。「学びあい」では、「他者の喜び」を「自分の喜び」として受け止めることが必要であり、そのために乳児期の「受容」、自己主張が始まったころの言葉の十分なキャッチボール、そして、幼児期での子ども集団での、特に異年齢児における集団体験がなければ「他者支援力」は育っていかないのです。
また、「学びあい」を異年齢児のあいだで行う場合は、子ども同士のあいだで、ほぼ発達の違いが見られるので、教える側と教わる側に役割が自然と行われるのですが、学校のクラス単位で行う場合は、多くは同年齢の中で行われることが多いので、まず、教える側に教師がなる場合が多いと思われます。そのときには、なにを学びあいさせるかということを考えないと、子どもたちは、形式だけ話し合いを持っても、大切な内容は伝わらなくなってしまいます。また、教師は、内容を伝えるだけでなく、教える側のモデルも示していかなければならないでしょう。
どんなよい教育システムであっても、形だけでは意味をなしませんし、乳幼児期からの子ども集団での育ちがきちんと行われなければ、逆効果になりかねません。乳幼児期は単に託児という考え方やプレスクールという考え方ではなく、人生のスタートとしてきちんと考える時代が来たような気がします。

郷中3” への5件のコメント

  1. 学びあいが大切だからといって、「では学びあいを始めましょう」では当然うまくいきませんね。学びあいの基礎の力をつけることを意識しているのですが、子どもたちが少しずつ変わってきているのを感じています。まだまだすべきことはたくさんありますが、丁寧に1つずつやっていこうと考えています。同時に大人の「学びあい」の理解を高めていくことが大切ですね。「郷中教育」の解説から、今すべきことの基本を丁寧に考えることができたように思っています。

  2. 小学校からの教育制度が、ゆとり教育が見直されて授業時間も長くなるようですが、これで果たして学力が向上するのかなんとなく疑問に感じていましたが、今日のブログを読んでそれは確信に変わりました。幼児期において、何事にも意欲的に取り組む子どもを育てる保育が十分に行われていない今、その土台のない上に、さらに高度な内容を教え込もうとしても子どもたちは受け入れられないでしょうね。幼児期における発達の重要性を知らない人間が、教育制度をあれこれいじっているとしか考えられない。もっと、幼児教育の世界から就学後の教育はかくあるべしと提言していくべきですね。

  3.  教える側も常に真摯な態度で自分の勉強に精進したというのは、本当に素晴らしい姿だと感じました。勉強やスポーツでも自分他人より少し優れているからといって、自慢して見下す人がいるかもしれませんが、この郷中教育の姿を見習って欲しいです。
     「学びあい」というのが「他者支援力」につながるというのは、思っていませんでした。確かに「学びあい」というのは、分からない子どもに、分かる子が教えてあげるとい行動は「他者支援力」につながりますね。そして、その学びあいというのも異年齢の関係でないと多くの学びあいが起きないかもしれません。そう考えると乳幼児期から集団で生活するというのは、とても重要なことです。郷中教育というのは、本当に学ぶことが多くあるのですね。日本にこんなに素敵な教育があったと思うと、なんだか嬉しくなりました。

  4. 「乳幼児期からの子ども集団での育ち」の大切さは強調しすぎても過ぎることはないと思っています。「乳幼児期」が「人間形成の基礎を培う重要な時期」であると規定されているならばなおさらです。しかし現在は「少子化」も手伝って「過保護」「過干渉」が当たり前のようです。「過保護」「過干渉」を子への「愛情」と勘違いしている親が多い。また「きちんと挨拶ができ、きちんと座っている子」作りが優先課題とされている乳幼児施設大半の現状をみると「乳幼児教育」の意味を取り違えているのでは、と思われる節がなきにしもあらず、です。「他者支援力」は十分な「受容」が前提となります。「受容」とは子どもの今をそれ以上でもそれ以下でもないかたちで受け入れることでしょう。その「受容」を可能にするのは子と大人との「適度な距離感」にあるような気がします。

  5. 「きちんと挨拶ができ、きちんと座っている子を作るという課題が優先され」てしまう時代というのは、時代遅れのように思えますが、決してそうではなく、まだまだそれを優先している教育というものはあるように感じています。それは、形としてではなく、考え方として、人の体の中にあるようにも思いますし、その意識を変えていくのは、生き方そのものに影響を与える大きなものを環境として用意しなくてはならないですし、そういったものを、「郷中教育」のような過去の優れたものの良い部分、そして、今の時代にあった形というのを模索していく過程にこそ、重要なものがあるということを感じさせてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です