天文

 「人に何かを教えることは出来ない。ただその人が自分自身で気が付くように助けることが出来るだけだ」
 この言葉を言ったのは、天文学の父といわれたイタリアの物理学者、天文学者、哲学者であるガリレオ・ガリレイです。彼は、17世紀にコペルニクスの地動説を支持し、バチカンから「異端」として宗教裁判にかけられて有罪となり、「それでも地球は回っている」といったことで知られています。ですから、どうしても科学者的なイメージがあるのですが、哲学者であるフランシス・ベーコンと共に科学的手法の開拓者としても知られています。
 ガリレオは、冒頭の言葉以外にも、含蓄のある言葉をいくつか残しています。
「何も学ぶべき者のない人に会ったことはない」
「学者はしきりに「それゆえ」という言葉を使うが、なんで「それゆえ」なのか、俗人にはさっぱりわからない。なんだか、偉そうな言葉でごまかしているようだ」
「君は、報告を信じるだけで、自分で確めないのか」
「見えないと始まらない。見ようとしないと始まらない」
 先日の21日、ローマ法王ベネディクト16世は、バチカンでの礼拝で、17世紀の天文学者ガリレオ・ガリレイの地動説について、「自然の法則は神の業に対する理解を促した」と述べ、同法王としては初めてガリレオの研究を公式に認めたようです。前法王ヨハネ・パウロ2世は1992年、教会側の非を認め、公式に謝罪したのですが、現法王は枢機卿時代に「ガリレオ裁判は正当だった」と発言したことで知られていました。それ画、今回正式にガリレオを認めた形になったのですが、同時に、礼拝で、「ガリレオの望遠鏡による初の天体観測から400年になる」とも述べ、研究をたたえました。
 ガリレオは望遠鏡を最も早くから取り入れた一人です。そして、木星の衛星を3つ発見、その後もう一つ見つけ、これらの衛星はガリレオ衛星と呼ばれています。また、月面にクレーターや山、そして黒い部分があり、これを海と名づけました。さらに、望遠鏡での観測で太陽黒点を観測した最初の西洋人でした。しかし、望遠鏡で太陽を直接見たために、晩年に失明してしまったと考えられています。
ローマ法王が言ったとおり、ガリレオ・ガリレイが望遠鏡で天体観測を始めてから、来年2009年で400周年となります。この節目の年を「世界天文年」とする決議が、国際連合総会で採択されています。そして、世界中の天文学者やアマチュア観測者、教育者などが連携し、一般の人々を巻き込んでさまざまなイベントが行われる予定だそうです。
これを機会に、世界中の人々がそれぞれに夜空を見上げ、宇宙の中での地球や人間という存在に思いを馳せつつ、自分なりの発見をしていこうと呼びかけてはどうかというアイデアが、国際天文学連合 (IAU)の中から生まれてきました。世界の中でも日本は、昔から月や星を絵画や歌は俳句で愛でてきた国であり、現在では世界をリードする天文学・宇宙科学の先進国となっています。また、来年には、日本付近で条件のよい皆既日食も起こります。
公式名称は「世界天文年2009(The International Year of Astronomy 2009)」で、略称は「IYA2009」です。公式スローガン(標語)は「The Universe, Yours to Discover」(宇宙…解き明かすのはあなた)です。
sekaitenmon.jpg
 子どもたちは、本来自然への興味と科学への関心を持っています。ぜひ、その心を育てていきたいですね。