郷中

goju.JPG
 薩摩で行われた「郷中教育」は、もちろん今の時代にそのまま取り入れることはできません。というのは、教育とは、その時代に、その国にとって、必要な人材を育てる目的がありますので、時代が変わったり、風土が変わったりすると、また違ってきます。ですから、教育内容や保育内容を、今の時代にそのまま取り入れることは危険な場合もあります。しかし、人を育てるという根本的な考え方や、そのこうかてきなやり方には学ぶべきところも多くあります。特に、少子社会になった今、「郷中教育」には、学ぶ点がいくつかあるような気がします。しかし、以前紹介した日新公の「いろは歌」にあるように「いにしへの道を聞きても唱えても 我が行にせずばかひなし」です。
 「郷中教育の方法として「詮議」ということがある。思考の適正、判断の妥当を得るように練習するために用いられる問答法である。大は忠孝の大道に関する問題から、小は日常生活の一挙一動に至るまで起こり得るあらゆる場合を取り上げ、それに対処していかなる態度を執り、いかに行為すべきかに至るまで、予め考えてみることである。これはいわゆるソクラテスの対話法とも相通ずるものがあって、人生問題を具体的に考察する点においてきわめて適切であるといわねばならぬ。しかもこの詮議は単なる座上の水練や口頭禅に堕することなく、常に直ちに現実の行動に移し得るものであり、また移されねばならぬものとせられておるのである。」ということを「郷中教育の研究」の序を書いた友枝高彦氏が書いています。まさに、今の時代に必要であり、また、特に日本人の教育の欠けているといわれている「ディベート力」です。一方的に話すことに、黙って、じっと座って聞くという教育では育たない力です。
 郷中教育には、他にも特徴がありますが、その一つに「教師なき教育」といわれていることです。それについて、「郷中教育の研究」(松本彦三郎 著)では、こう書かれています。ただ、これが書かれたのは戦前なので、少し今と定義が違うかもしれませんが。
goju2.JPG
 「今日普通の意義でいえば、教育とは、教師が生徒に対して何らかの意味で影響を与えるところの具体的活動を意味する。郷中教育にはこのような意味での教師はおらない。もちろん、稚児たちがその許にまかり出て四書や五経等を読み習った先輩学者はおった。けれども、その教育をもっぱらに担任してその指導の責を負うべき特定の人物―職業人としての教師はおらなかった。しかもそこで、実に偉大なる教育が行われたのである。」では、どうして学んだのでしょうか。
「あたかも親身の兄弟のごとく、先輩は後輩を懇ろに教え親切に導き、後輩は先輩を心から敬慕し信服した。すなわちこの教育では先に生まれたもの「先生」―真実の意義における「先生」が、後生を合い愛重し撫育したのである。復習座元においては、長稚児は小稚児に対して先生になり、長稚児相互の間ではお互いがお互いの先生となった。」
 いわゆる学びあいです。しかし、学びあいには注意が必要です。というのは、学校の授業のような同年齢の中でそれを行う場合です。この郷中教育の中でも同年齢での学びあいは、復習のときと限られているようです。新しいことを習うときには、当然、それをよく知っているものが教えなければならないからです。それが先に生まれたもの、すなわち、年上の子であったり、先生でなければならないのです。