無駄

そろそろ年末です。園では、今、年賀状作りに追われています。各クラス、それぞれの工夫を凝らした年賀状が作られていきます。毎年思うのですが、この年賀状は、無駄なことでしょうか。意味の無いことでしょうか。
12月12日付の「よみうり寸評」には、こんなことが書かれてありました。
 「無駄」の反対語は「贅沢」なのだという。つまり普通なら、限られた時間や資源をいかに有効活用するか考えるところを、敢えて「無駄」に使うことが「贅沢」◆「無駄学」(西成活裕著、新潮社)で、そんな考え方があるのを知った。ただし無駄と贅沢の区別は容易ではない。ある人の無駄も別の人には有用。贅沢を戒め無駄を切りつめるだけも果たして…◆西成さんは、電子メールの例を挙げている。以前は、便利な道具と思っていた。今は「まったく逆の気持ち」という◆手軽なので初対面の相手からも次々用件が舞い込む。すぐに返事を迫られる。無駄を排した連絡法の先には「紙でやりとりしていた頃の数年分の手紙の量が1週間で来る」「恐ろしい時代」◆となれば年賀状も贅沢なのか。年賀はがきの発行数は減っている。年賀状の配達数も昨春、この10年で初めて、30億枚の大台を割り込んだ◆敢えて無駄はお勧めしない。贅沢な人にだけ、お知らせすると、新春の年賀状は来週15日から引き受けが始まる。
 「無駄」とは、「むな(空)」の変化といわれ、ムナシの義とされています。また、モダ(黙)の転であり、モタ(黙)の義であるとも言われています。要するに「効果がないこと」「無益」という事とされています。こんな説もあります。「駄」は馬に載せた荷物の意味で、人を乗せて走る馬のことは「乗馬」で、それに対して「駄馬」は荷物は載せれるが、乗用に役に立たないということで言われます。ですから、馬が米俵をひとつ載せていると「一駄」、ふたつだと「二駄」、そして空荷だと「無駄」というという説ですが、どうも「無駄」は当て字のようです。
 国語辞典では、「役に立たないこと」「甲斐がないこと」「益がないこと」と書かれています。しかし、世の中には、「無駄」も必要だということがあるのですが、この言い方が変なのは、必要だと思うものは「無駄」ではないからです。よく仕事をするとき三無主義といわれるのは、「無駄、ムラ、無理」です。
 今月はじめにアイ・キューが運営するサイト「仕事ラボ.net」で実施した「会社での無駄な会議」に関するアンケートの結果を発表しました。調査によると、行われる会議は月に平均3.6回。その中で無駄だと思う会議は約半数の平均1.7回でした。会議の中で無駄なものに関しては、「過去の議事録・配布資料」が最も多く、次いで「飲食物」「やる気」が続いています。では、「無駄な会議に出るくらいなら何をしたかったか」という質問に対しては、64%が「仕事」と回答し、2位の「帰宅」(8%)を大きく上回っています。
 「無駄な会議を抜け出す方法」に関しては、約半数が「抜け出したことがないので分からない」と回答したものの、残りの半数は「お手伝い」「電話が鳴ったふりをする」「飲み物を取りに行く」「急用を思い出す」などの方法で会議を抜け出しているようです。
 年賀状は、私は無駄だとは思いませんが、会議は無駄のものがあるような気がします。みんなそう思っているのに、どうしてしなければならないのでしょうね。