理数

昨日の新聞に、「小中学校の算数・数学と理科で来春から授業時間と内容が大幅に増えることに対応するため、文部科学省と財務省は16日、授業支援の非常勤講師を学校現場に配備できるよう、約1万人分の予算をつける方向で調整に入った」という記事が載っていました。この記事によると、算数・数学と理科は国際的な学力調査でも思うような結果が出ず、教育の重点項目の一つになっているからだということです。この非常勤講師には、退職した教員中心に活用し、経験を踏まえてわかりやすい授業を展開したり、正規の教員と組んで少人数の授業やチームティーチングを進めたりすることが期待されているようです。退職した教員が、今の子どもに対して、興味・関心を引くような授業が展開できるか少し心配です。
また、授業時間数も、算数・数学と理科については来春から前倒しで、小学校では各学年で週1コマ増え、中学でも1年数学や3年理科で週1コマ程度増えるようです。
今の子どもたちは、昔と違って娯楽が満ち溢れ、テレビなどでお笑いに浸り、テンポの速いリズムの中で生活、活動をしているので、淡々と、ただ黒板に書いているような授業ではついてこないで、でんじろうさんのような、面白、おかしく、手品のような理数を進める必要があるでしょう。最近の子どもたちの理数離れは、授業数が少なかったり、先生の数が少ないからではなく、授業の進め方にあるのですから。
 文部科学省は、「蜂の巣応援団」という「基礎知識の定着。向学心の喚起!」というプロジェクトを進めています。蜂の巣のように、必要不可欠な施策を組み確実に実施していくことにより、理数が好き・得意な子どもをしっかり育てようとするものです。1は、「魅了する」で、「興味・関心・学習意欲の喚起」、2「導く」は、「教員の指導力向上」、3「満たす」は、「地域における学習機会の充実」が柱になっています。そして、「19年度重点拡充」として、理数学生応援プロジェクトを進めています。
 理数といえば、2006年にグランドオープンした東京都江東区有明にある「パナソニックセンター東京内」の「リスーピア」は、「理科と数学(算数)」をテーマにした体感型デジタルネットワークミュージアムで、とても面白く理数が体験できるようになっています。コンセプトは、「子供たちが理科や数学(算数)の持つ魅力に触れ、興味を抱くきっかけづくりの場を提供することにより、企業市民として技術立国日本のための技術者育成に貢献することを狙いとする。」とあります。
ディスカバリーフィールドを見学後に手渡されるお土産用のIDカードを使い、WebサイトのメンバーページからID・PWを入力の上ログインすると、館内で育てたエージェントが現れキャンプ同様に体験履歴をナビゲートしてくれます。
risu.JPG
メンバーページではディスカバリースコープの復習は勿論、体験した展示テーマについてWebサイト独自のコンテンツによるより深い学習が可能になり、次回来館時にIDカードを持参すると、前回の続きから体験することができるなど、とても新しい科学にも触れることができるようになっています。
授業も、ただ教えるだけでなく、新しい工夫をしていかないと、子どもたちは理数に対して興味・関心が薄れ、自ら取り組もうという姿勢は見られなくなってしまいます。