おたのしみ会

 昨日は、園で「おたのしみ会」がありました。この行事を通して、主に子どもたちの「表現」と「言葉」の領域の発達を保護者に伝えるものですが、3歳以上児にとっては、その日までの取り組みを通して、子どもたちは人間関係の発達が促されたような実感がありました。そんな大人の思いをよそに、子どもたちはずいぶんと楽しんだようです。終わってからトイレに行った子どもたちの会話で「ああ、楽しかったね。また、やりたいね。」というのを聞くと、この行事に自ら取り組んでいる姿がうかがわれます。
 2日前、担任が年長に練習させようとすると、「もう大丈夫だから」と言って、自分たちだけで相談をしていました。園児は、よく子どもたち同士でなにやら相談をよくします。この行事に取り組み始めて、それはよく行われ、行事の大切さを感じました。練習一つにしても、子ども自らやろうとする意欲がなければ、意味の無いものになってしまうでしょう。
gekisodan.JPG
 東京では、少し前に「西の魔女が死んだ」という映画をやっていました。先日、奈良に行ったときに、ちょうど公開されていました。私は、その映画は見ていませんが、原作は読みました。梨木香歩さんの原作です。その本の解説を文庫本のカバー装画を描いた早川司寿乃さんが書いています。
「日々の中で、人間は、自らが作り出した化学物質をはじめとする人工的なものに囲まれ、さらに、人工的なよくわからないものがたくさん入った食べ物を食べて生きています。それは少しずつ人間を歪め、社会全体を歪めてきたように思います。」
 こんな社会の中で、主人公の中学生「まい」は、学校に足が向かなくなります。そこで、夏になる前、一月田舎にいる外国の人であるおばあちゃんのところに滞在することになります。そのときの様子を、解説ではこう書いています。
「そこで触れる自然と、自然にごく近い姿をしたおばあちゃんによって、徐々に、(まいは)生命力を回復してゆきます。おばあちゃんがまいに施した薬は、人が長いあいだに自然から教わり受け継いできた知恵や、生活の基本を見せることではなかったでしょうか。難しい理論があるわけでなく、ただ普段そのままを見せるだけです。そこには、人が生きるに必要なものが満ちていました。」
 その中で、自称「魔女」だというおばあちゃんによってまいの「魔女修行」が始まります。その内容とは、
「その人の持つ素質を伸ばす。自分で考え、自分で決めるという、本来の人らしい人になること」です。そして、おばあちゃんは、「答えを示すのではなく、厳しさと優しさを持って、まいが、自分で考え自分で決めるのを見守る姿勢をとり続けます。」
 これは、まさに教育の原点です。何かを教える、答えを出すのではなく、自分考え、自分で決める野を見守ってあげること。そのことによって、その子どもの持つ力を引き出していくことでしょう。これによってこそ、人として育っていくのです。そのようなことは、解説では、「特別な人たちだけがするのを許されたものではなく、実は、子供も大人も、男の人も女の人も、私たちみんなができることなのです。」と書かれています。