いよいよ年の瀬

 いよいよ12月も半ばになり、年の瀬が迫ってきました。12月は、やはり年の変わり目ということもあって、いつもの月とは違う感慨があります。そんなこともあって、12月を様々な名前で呼びます。他の月も呼び方は色々とあるのですが、同じように少し違った感慨がある1月についで、12月は呼び方が多いようです。
 12月を「師走」と呼ぶのは、有名ですね。しかし、その師は誰を指すかというと、様々な説があるようです。主な語源説は、昔は12月になると、住職の僧が檀家周りでお経をあげるために、東西を馳せる月という意味から「 師馳す(しはす)」から生じたというものがあります。平安末期の「色葉字類抄」には、「しはす」の注としてこのような説明がついています。
 他の説では、「しわす」とは「しねはつる」ではないかと言われています。「しね」とは年貢として納める穀物のことで、「はつる」とは「果てる」ということです。古代においては秋に収穫した穀物の年貢を納めきるのが年の最後の月でした。ですから、年貢納めの月という意味で「しねはてる月」と言い、それが訛って「しはす月」と呼ぶようになり、「師走月」という漢字を当てたという説もあります。
 1年の最後の月ということで極月(ごくげつ、ごくづき)と呼ぶことも知られています。このように1年の最後という意味では、窮月(きゅうげつ)、除月(じょげつ)、弟月(おととづき)、暮歳(ぼさい)、限月(かぎりのつき)と呼ばれることもあります。「極」とか「窮」とは、「きわまる」とも読み、「進退窮まる」というように使いますが、この文言は、「詩経」の「進退維谷」(進退維(これ)谷まる)からきています。きわまるという言葉は、「窮まる」「極まる」「際まる」と今では書きますが、もともとは「谷まる」と書きます。というのは、このような状態は、谷に入り込んで動けなくなったような状態を指すからです。除月とは、「旧年を除く月」という意味で、旧年を除く夜のことを「除夜」といい、除夜の鐘を突きます。「弟月」は、「末っ子の月」ということのようです。「年の暮れ」とか「限」は「限界」「限度」などと使われるように「かぎり」ですので、「年の限りの月」と意味でしょう。暮来月(くれこつき・くれこづき)とか、暮れ古月(くれこづき)とか、年積月(としつみつき)などの呼び方からは、なんとなく、日々を積み重ね、もうすぐ暮れが来るという感じがしますね。
 12月は、1年の最後の月ということだけでなく、旧暦では冬の終わりの月です。ですから、そんな意味の呼び方があります。暮冬(ぼとう)、晩冬(ばんとう)などはそうです。
また、12月は、年の最後とか、冬の最後とか言うことだけでなく、次の月に春が来るという希望の前触れということもあります。「春待月」という呼び方などは、そういう意味で美しいですね。梅初月(ばいしょづき)という呼び方も、春への期待がこめられています。
そのほかにも、親子月(おやこづき)、三冬月(みふゆづき)、季冬(きとう)、余月(よげつ)、臘月(ろうげつ)、窮陰(きゅういん)、窮冬(きゅうとう)、苦寒(くかん)、嘉平(かへい)、雪月(ゆきづき)、乙子月(おとごづき)、黄冬(おうとう)、建丑月(けんちゅうげつ)、氷月(ひげつ・ひょうげつ)などずいぶんたくさんありますね。
 他の国にもそんなにたくさんの呼び方があるのでしょうか。季節に敏感な日本人の感性が感じられますね。