家庭の崩壊

教育、学校という言葉を最初につくったのが孟子です。孟子は、ずいぶんと母親が教育熱心だったようですね。それがわかる逸話がいくつかあります。その一つは、「孟母三遷」で、もう一つは、「孟母断機」という言葉です。
「孟母三遷」という言葉は余りにも有名なので、みんな知っていると思いますが、孟子の母親は、幼かった孟子を育てるのによいと思われる環境を求めて、住まいを三回かわったというものです。最後には、学校の側へ引っ越したおかげで、孟子が勉強の真似事ばかりして遊ぶようになったというのです。
「孟母断機」というのは、遠方へ勉学に行っていた孟子が、途中で家に帰ってきたときに「勉学は、どれくらい進みましたか」という母親の質問に、「いいえ、元のままです」という答えを聞いて、母親は、刀を持ち出し、ちょうど今自分が織っていた織物を、スパッと切り裂き、「おまえが学問を途中でやめるのは、織りかけていた織物を、途中で断ち切るのと同じです。何の役にも立ちません」と、厳しく教えたというものです。
今週号の「Newsweek」に、イギリスのジャーナリストのコリン氏が、自らの生い立ちを語っています。タイトルは、「子供が最も不幸な国に育って」というもので、以前ブログでも取り上げたユニセフが昨年発表をした「子供の幸福度ランキング」で、最下位の評価だったことに対して子供時代を振り返れば頷けるという記事です。
イギリス政府が昨年発表した調査では、4人に3人が15歳までに飲酒を体験し、14歳の子供の37%が過去2週間に酒を飲んだと答えたそうです。ブレア前首相は、1に教育、2、3も教育といって教育改革を最優先課題と位置付けました。その目標は達成しましたが、それはうわべだけのことで、成績の評価を甘くしたからだとコリン氏はいいます。大学進学者が急増したのも、入学基準を下げ、基礎知識さえ怪しい生徒を入れるようにしたからだといいます。
また、体にいい学校給食を提供する運動に取り組んできましたが、肝心の子供たちが、野菜やパスタよりもインスタント食品やフライドポテトを食べたがり、成果が上がりません。子供のあいだには、肥満と多動傾向が恐ろしいほど広がっているようです。運動を心がけ、食生活を改善するだけで大きな効果が望めそうなのに、実際は薬を飲まされている子供が多いといいます。
コリン氏は、こう続けます。「こんなふうに書くと、親は何をしているんだ?と言いたくなるだろう。だが、イギリスでは、子供の実に3人に1人が単身家庭で育っている。たいていは結婚暦のない貧しいシングルマザーの家庭だ。ユニセフの調査を見れば、父親のいない子どもがどういう人生を歩むかがわかる。より早く学校をやめ、健康により大きな問題をかかえ、より早い時期に家を離れ、より低い賃金に就くのだ。英保守党が昨年発表した調査は、さらに寒々しい。イギリスでは満足な教育を受けず、薬物やアルコール依存に苦しみ、人生をほとんどあきらめた下層階級が拡大している。この層を増やす問題の中核にあるのは、家庭の崩壊だという。」
日本は、このイギリスをモデルにしようとし、市場競争原理から教育をしようとしています。なんだか、怖い話しですね。こうなっていくのでしょうか。