日薬

 先日、とてもいい言葉に出会いました。その言葉は、「日薬」という言葉です。「病気を治すために時の力が必要です」というような意味です。今の時代は、とても忙しく、病気になると早く直そうとします。熱が出ると「解熱剤」を飲み、熱を早く下げようとします。吐き気がすると、吐き気止めを飲もうとします。咳が出ると咳止めを飲もうとします。よほど辛いときは、仕方ありませんが、むやみに、すぐに使うことは慎重にしたほうがいいようです。というのも、熱が出るのは、熱によって体内に入った細菌やウイルスをやっつけようとするためですので、それを、体力や栄養で応援するべきなのです。また、嘔吐も、咳も、よくないものを体外に出すためにすることなのです。
 「動物は怪我をしたり、病気になると、治るまで、傷口を舐めたりしてじっと巣の中にこもっている」というように、一番の治療は、ゆっくりと時間をかけて休息することなのです。かなり多くの病や不調は、特に何もしなくても、自然と治ってしまうことがあります。人間の自然治癒力というのは不思議なものです。特に、これからかかる風邪は、薬を飲むより、温かくして寝ていれば、大抵治ってしまいます。もちろん、違う大きな病気であることもあるので、そのときには医者に見せることも必要ですが、市販の風邪薬は、風邪を治すことはしないようです。一般的な市販の風邪薬は熱を下げたり、鼻水を抑えたり、咳を和らげたりといったそれぞれの症状を軽くするだけで、ウイルスや細菌を殺し、「風邪」という病気そのものを治癒するわけではないそうです。
 江戸時代に貝原益軒が書いた「養生訓」は、彼の著書のうちで最もよく読まれたものです。この中に、このように書かれた部分があります。
 巻第一の「養生の道を守る」にはこうあります。君子といわれる昔の偉い人たちは、適度な運動や精神の静養を行って、病にかからないようにしていまし。病気になってから薬を飲むのは、自分の体を痛めて病気をなおすことなので自分の体にいいわけはありません。それは、国を治めることと同じで、国の治安が悪くなってから武力で鎮圧するのではなく、普段から治安をよくするように心がけていれば、国民はいつも気持ちよく生活をすることができるので乱も発生せず、国を治める君子も国民から尊敬されることになるのです。
巻第六の「あせらず自然に」では、病気を早く治そうと無理をすると、治る病気も治らず、あくまで自然に治るのが一番だといっています。病気だけでなく、全てのことも、あわてると、よくないのです。このことが「日薬」ということなのです。
 薬を飲むときの注意を、巻第七に書かれてあります。人は、病気にかかることもあり、そんなときには医者を呼んで治療を求めます。そのときの医者には、上中下の3種があるといっています。上の医者は知識と技術を持っており、これによって病気を治療します。そういう医者は、この世界の宝であり、その功績は宰相につぐものだとまで貝原は言っています。中の医者は、知識や技術では上医におよびませんが、薬をむやみに使用することがいけないことは知っています。ですから、病気にあわない薬を投薬することはありません。そして、自分の知らない病気に対しては、治療をしません。それが、下の医者になると、知識も技術も持っていず、むやみに薬を使い、誤診することが多いのです。病気にかかったときは、すぐに治療して楽になりたいと思いますが、医者の善し悪しを考えずに治療を受けると、逆に悪くなることがあるので、かえって自然に治るのを待つ方がいいこともあるといっています。
他の巻にこうあります。「病気の害よりも薬の害のほうが大きくなってしまう。薬を用いないで、慎重に養生すれば薬の害を受けずにすみ、病気も早く治るであろう。」もっと、日薬を使うべきかもしれません。

日薬” への6件のコメント

  1. 「日薬」も中医師(上医師)による処方が必要だと思います。また自然な治癒力を落とさないように、何でもないときから準備しておくことは必要だと思いました。適度な運動と静養。ここ2年くらい運動不足を自覚しているので、体操やストレッチなど簡単なところから始めてみます。

  2. 病気にどう対応するかは、病気ではない時の過ごし方が大切になると思っています。医者ではないので正確なことはわかりませんが、普段の体調の変化を把握していれば、何が原因でどのように体調が崩れているかが、多少でもわかる気がします。自分の体をよく把握して、できる限り治癒力を生かして治療する方がいいというのが、自分の実感です。何かあれば薬を使うことを続けていれば、治癒力も落ちてしまうかもしれませんね。「日薬」、いい言葉だと思います。

  3. うちの田舎では、「日にち薬」と言いますね。昔の町医者は「まあ、おいしいものでも食べてゆっくり休養すれば治りますよ。日にち薬ですなあ」といった調子で患者に話したものですが、最近の若い医者は、診療内容も短めで「お薬出しときますから」とそっけない人が多いです。その薬もやたら多いですね。ありがたがって飲む患者も患者ですが・・・。これからは薬に頼りすぎないようにします。養生訓は奥が深いですね。インドでもテロが起こって、日本人が犠牲になってしまいましたが、世界の紛争を治めるのは、薬(武力)でないとしたら、一体なんでしょうか?

  4.  「日薬」という言葉は初めて聞きました。意味も見当もつきませんでしたが、「病気を治すために時の力が必要です」と書いてるのを読んで「なるほど」と思いました。確かに、私も少し熱があったり、頭痛や鼻水などの症状がみられた場合にすぐに鎮静剤を飲んでいます。一番良いのは普段から気を付ける事なのですが…。体調が悪い場合はすぐに薬に頼るのでなく、体に良いものを食べて、体をゆったりと時間をかけて休ませるのがどんなに良い薬よりも効果があるのかもしれません。

  5. ひと頃に比べて飲まなくなった薬があります。胃腸薬です。若い頃はすぐにお腹が痛くなってそのたびに市販あるいは処方薬を飲んでいました。自分自身思い込みが強い性格なので大したことでないことをアレコレと思い悩み結果として胃腸に負担をかけていたのかもしれません。年をとるということが満更悪くないなと思うのは、アレコレ思い悩まずにまぁなんとかなるさ、くらいの気構えを持てるようになったことです。おかげで胃腸が大分丈夫になりました。よって、胃腸薬の世話になることもほとんどありません。これからは風邪やインフルエンザ、感染性胃腸炎のシーズンですが、睡眠や食べ物を適度にとり、外出後はうがい手洗いを励行することを習慣化すれば病魔に取り付かれずにすむのでは、と思っています。

  6. 「日薬」。初めて耳にする言葉です。病気の時はもちろんのこと、精神的な悩みや気持ちに関する面でも、よく「寝れば治る」とか「時間が解決してくれる」なんていうことも聞きますが、実際にはどうなのでしょうか。また、ゆっくりと時間をかけて治すには、ゆっくりとする時間の確保が必要です。現代社会では、仕事量の増加とともに、それが難しくなってしまっているのでしょうか。人間本来の治癒の仕方というものを見直せば、仕事のあり方というものも変わってくるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です