地域性

 星の話が続いているので、ちょっと違う話題で一服。
人には、星の話が好きな人と、余り興味がない人がいます。いろいろな人と会うと、「ブログを読んでいます!」といわれることが多くなったのですが、どんな話題のときに読んでいるかというとそれぞれ違うようです。自然について書かれているとき、教育について書かれているとき、子どもについて書かれているとき、そして、星について書かれているときなど様々です。幸い、私はなんにでも興味があり、また、何でも見たり、調べたりすることが好きですので、新聞や雑誌に掲載されている記事を読むと、そのことについて考えることが多く、そこからの連想が湧いてきます。
人には、趣味が違うように、付き合うときにも相性というのがあるようです。どうもうまく行かないようなときには、とかく相手の性格や態度を責めてしまったりすることがありますが、実は、ただの性格や特性の違いであることが多く、どちらが悪いわけではないのです。その性格をよく取れば、相手がよく見えてくることがあります。今、職場ではそんなときに「個性心理学」と呼ばれている「動物占い」を見ることがあります。この心理の解説の特徴は、その性格を前向きに捉え、よく書いてある点です。物事には、裏表あります。同じ性格でも捉え方で長所になることが多いのです。
今週号の「PRESIDENT」には、面白い特集がいくつも組まれています。その中で、「県民性の法則で人付き合いの達人になる」というのがあります。相手の性格を見抜く手がかりの一つに、「出身地」の情報があるというのです。ただ、ここでいう出身地というのは、基本的に物心がつく思春期を過ごしていた地域をいいます。あちこち転勤して歩いている人は、一番記憶に残る地域を指します。その記事の中のよく言われる言葉が挙げられています。
「京都は過去に生き、東京は現代に生き、大阪は今日の夕方まで生きる」
「車の業界では、“新車は群馬で売れ”といわれてきた」
「山に囲まれた盆地の人は、おしなべて勤勉で几帳面」
「“俺も富山だ”“私も富山です”と最後まで残ったのは全員富山出身者だった」
「大阪弁をしゃべる必要はない。自分や身内の失敗談を惜しみなく話すこと」
などです。
たとえば、「戦略の関東、戦術の関西」とよく言われますが、戦略とは、どうすればライバルに勝つかを考えることで、戦術とは、そのために行動することです。この記事によると、東京の企業は頭を使って考えるのですが、関西の企業は「ごちゃごちゃいわんと働け」というように、とにかく走り回っていなければならないといいます。しかし、同じ関西といってもずいぶん違うようです。京都は都としての歴史の長さから、伝統を大切にする地域であり、神戸は港町のため長期的な視野を持っていますが、大阪は商人の街のため、目先志向の地域だといっています。
確かに、「地域は人を作り、人が地域を作る」と私は思います。それは、いつも感じることですが、文化であり、風土です。世界の保育、教育は、その地域から生まれたものを持っています。