世界の教育改革2

世界では、その国の事情によって様々な教育改革を行っています。それは、その国が当面問題になっている課題に対しての取り組みと、世界共通の子どもにおける課題に対しての取り組みがあります。300万人もの未就学児童を抱えるタンザニアでの課題は、すべての子どもに基礎教育の機会を保障するというものです。そのために、COBETという補完的基礎教育と呼ばれるプログラムに取り組み始めています。このCOBETの特徴は、従来の正規の教育では不十分だった部分を補い、子どもたちが通いやすい柔軟な教育の仕組みで、学校外教育の場であり、主役は地域社会です。COBETのカリキュラムや時間割、設置場所などの決定に住民が参画しています。COBET は正規の学校より「授業時間が短く」、「体罰をしないこと」、「無料であること」、「子どもにやさしい参加型の学習手法を取ること」を原則としています。学習内容は主に5点を重視し、自立のために必要な力を得られるように考えられています。その5点とは、「コミュニケーション(スワヒリ語と英語)」「算数(数学)」「一般知識」「職業上の技術」「生活に必要な能力など資質の向上」です。子どもたちは8?13歳と14?18歳の年齢ごとのグループにわけられています。COBET で3年間の教育を終えた低年齢組の子どもたちは正規の学校に編入できます。また、14?18歳の子どもたちには職業訓練や中等教育を続ける道が残されています。ここに通ってくる子どもたちは、長い間教育から離れていて、盗みなどの悪癖があったり、麻薬をやっていたり、また、貧しい家庭の子どもや、親のいない子どももいます。しかし、COBET に通うのに費用はかからず、制服もありません。そして、ここを出た後も、子どもが自分の力で生きていけるだけの能力を身に付けられるようにすることが大切です。指導員として働いている一人は、「正規の小学校で教員をやっていた頃は、教育システムから外れた子どもたちをどう扱えばよいのかわかりませんでした。ここでは、子どもたちをうまく学習に参加させながら教える手法を身につけることができました。」と言っています。また、地域社会がCOBET に参画していることが、子どもたちの学びやすい環境をつくることに大きく貢献しています。子どもに教育を受けさせることの効果も直接わかるので、住民は教育の重要性について認識するようにもなります。
 また、マケドニアでは、「障害のある子どもを普通教育に包含するためのプロジェクト」が実施されています。知識レベルによって子どもたちを小ユニットにわけ、子どもたちはユニットごとに与えられる課題に取り組みます。個々に適した課題について最大限の成果をあげられるようにするのです。重要なことは、誰も学習の中で孤立しないことです。早く課題が終わった子どもは、友達の学習を手伝います。教師の役割は、子どもたちがみな平等であると感じられる雰囲気をつくることです。こうした学習手法は非常に個別化されたものですが、障害のある子ども、特に中、重度の障害のある子どもたちを受け入れるには適しています。最初の頃は、保護者から「なぜうちの子どもがその子の隣に座らなくてはならないのか?」「授業の邪魔なのでは?」という声があがったり、保護者会で子どもの障害について説明するよう求められたりしたそうです。しかし、教師たちは、子どもはみなそれぞれ問題があるものですから、といって説明しませんでした。その後、クラスは完璧に機能し、障害のある子どもはもっとも愛される存在となっているそうです。親は、自分の子どもが障害のある子どもを受け入れているということを認識すると、自分たちも同じように助け合おうとするものだと言っています。このプロジェクトは、障害のある子どもたちの存在を生活の一部分とし、互いに人間関係を築くことを可能にしています。
 私たちも、学ぶべきことがたくさんありますね。