世界の教育改革

今年の3月、日本では「学習指導要領」「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」が告示化され、新しい時代の保育、教育を目指そうとしています。今回の日本における改定はどのような意味を持つでしょうか。OECDが行ったPISAの学力調査結果によって、いわゆる先進国といわれている国々は様々な教育改革を行っています。では、そのほかの国々はどうでしょうか。ちょっと古いデータ(2001年ユニセフ)ですが、余り見る機会が無いので、とても面白く読みました。
 まず、バングラデシュの学習法です。この国の課題は、初等教育の就学率に加え、中途退学です。少なくとも小学校の5年間は子どもが自分から学校を離れていくことがないような学校づくりが求められています。そのために、どうしたら楽しくかつ十分に基礎教科が学習できるかということで、「M I理論」に基づいた多角的教授・学習法【Multiple Ways of Teaching and Learning:M W T L】と呼ばれるアプローチが試みられています。MI理論とは、「人間は、ものごとの認知や学習を通じて少なくとも7つの知能がはたらく」とするガードナー博士(ハーバード大学)の説です。7つの知能とは、「言語」「論理・数学」「視覚・空間」「音楽・リズム」「身体・運動」「対人関係」「自己内省」です。
「教師が話しつづけ、おうむのように繰り返させるだけの授業では、すぐにあきてしまいます。今は、歌う、踊る、演技するなどの活動を取り入れながら教えています。子どもたちはすぐに集中し、学習の手応えも感じられます。」と実践した教師は語っています。そして、この新しい授業をはじめてから、出席率が次第に上がってきて、子どもたち自身が「学校に行こう」と熱心になっているといいます。読み書きのできない環境からやってくる子どもたちは学校に対して何の準備もありません。従来の教科学習を突然はじめられたら、まったくついてこれなくなってしまいます。それを、参加型活動をベースにした授業をおこなうことによって、子どもたちが自分で何かを思いついたり、興味を持ったりすると、学習が早くなるのです。ある教師は、「私たちは、いかにおもしろく、これまでと違った授業ができるかを考えなければなりません」と話しています。ただでさえ学校をやめざるを得ない状況が子どもたちを取り囲んでいる中、せめて学校を子どもにやさしい、子どもが本当に学べる空間にするための取り組みが広まっています。
 この国のように、学校が面白くないと思っている子どもたちが日本でもたくさんいます。バングラデシュでは、家庭の事情や、社会の状況がその理由の中にあるかもしれませんが、ずいぶん前から調査では、日本では子どもたちが学ぶ意欲がなくなってきていることが言われています。それを、ただ子どもが悪い、親が悪い、制度が悪いというのではなく、もう一度授業のやり方を見直すことも必要な気がします。今の子どもたちが興味・関心を持ち、自ら学ぼうという意欲を持った子にするのは、教師が、ただ淡々と黒板に向かって物を書いたり、教科書を読み上げるような授業をしていたら、今、面白いものが巷に満ち溢れている時代では、子どもたちは興味を持つわけはありません。
 教育改革の動機は、国によって事情が違いますが、その試みは参考になることが多くあります。明日は、タンザニアの試みを紹介します。