集団から離れる

 オオカミが集団で生活するうえで、「パック」と呼ばれる群れの中で、オスメスそれぞれに順位が存在し、順位が上のものにはきちんと従い、群れの仲間を大切にするということで統率が取れています。渡辺千賀さんのレポートでは、「ミーアキャット」という、カラハリ砂漠に住む、体長20センチほどのイタチのような外見で、後ろ足ですっくと伸び上がって立っている姿が有名な動物を取り上げています。
「固い絆を持った家族が一団となって、集団で眠り、集団でえさ探しをする。 砂漠の夜は厳しく、重なり合って寝ることで暖を取る必要がある。 また、えさは土の中にすむ虫で、ひたすら穴を掘らないとえさに巡り会えない。 しかし、地中に頭を突っ込むようにして必死に掘っていると、ミーアキャットの天敵の猛禽類に頭上から襲われてしまう。 そこで、えさ探しは必ず集団で行い、一匹が見張りをする。 見張りは二本足で立って辺りをうかがい、天敵の姿が見えたら警告を発する。
ミーアキャットの集団の掟は厳しく、一匹のリーダーに全員が絶対服従する。 リーダーに嫌われたものは、群れの他の仲間からも激しいいじめを受け、群れから追い出されてしまう。 単独では厳しいカラハリ砂漠を生き残ることができないので、追い出されたミーアキャットは、群れから少し離れたところで群れを見続け、ひたすらリーダーの怒りが解けるのを待つ。(中には、他の群れに忍び込もうとするものもいるが。)
ミーアキャットはこうして何世代も何世代も、「群れから外れたら死んでしまう」 という環境の中で過ごし、集団行動のために最適化された社会性を生み出した訳だ。 その中では、「自分の群れ」を離れることは恐ろしいことであり、独立は死を意味する。」
人間はどうでしょうか。私は、人間も一人では生きていけない動物であり、集団の中で、様々なルールが存在します。渡辺さんのレポートでは、この「自分の属する集団を出たら生きていけないかも」という「当然のこと」を無視して、敢えてわざわざ海の向こうの知らない国に出て行って、そこに住もうと思った人たちが集まっているのがシリコンバレーであるといっていますが、私は少し見解が違います。それは、集団の捉え方が、違っていると思うからです。ミーアキャットが、なぜ集団を構成することが必要かというと、餌探しをみんなでしてしまうと、敵に襲われる危険があるので、見張リ役が必要だからです。それぞれ役割があり、ひとりではその役目は果たすことが出来ないからです。集団というのは、みんな同じことをするためではなく、それぞれがそれぞれの役目をすることが社会を構成するということです。ですから、例えば、シリコンバレーに行くのは、集団を離れるのではなく、自分の役目を果たすために、自分を生かす場所で活動するためです。いくら、国内にいても、自分の役割が見つけられず、自分ながらの生き方が出来なければ、集団から離れたことになるのです。
 少子社会になると、この集団を構成するための特性が子どもたちの中で育ちにくくなってきている気がします。お互いを尊重し、他のものに対して共感する心を持ち、ともに生きていこうとする心は集団の中で育っていきます。道徳の授業の中で教わることではないと思います。