ボードゲーム

  今年の9月のニュースで「対戦型ゲームで負けた腹いせに高校生を殴ってけがを負わせた」というものがありました。ゲームセンターで、容疑者の消防士が、その場に居合わせた高校3年生と対戦型ゲームをして、負けた腹いせに高校生を殴ってけがを負わせたというものです。機動戦士ガンダムの対戦型ゲームで対戦中、ゲームで負けた後、少年からなじられたことに腹を立て「バカと言ったのは誰だ」などと言って、少年の顔を左手で1回殴り、けがを負わせた疑いですが、お互いに面識はなかったそうです。
 最近、少子社会になったこともあり、子どもたちは普段から他の子どもと遊んだり、ゲームをすることが少なくなってきました。ですから一人遊びをするか、対戦相手が必要なゲームなどは、母親を相手にするとか、機械を相手にすることが多く、負ける経験が少ないようです。母親は手加減してくれますし、機械はリセットボタンを押せばやり直せます。
 日本では、昔から人気のあったゲームは、「将棋」「軍人将棋」「双六」「福笑い」など二人ないしは複数で楽しむゲームがほとんどでした。また、私が子どものころに海外から来たゲームでも、「囲碁」「チェス」「ダイヤモンドゲーム」「オセロ」などがはやりました。これらは、「ボードゲーム」と呼ばれるものです。この「盤上ゲーム」とも言われるゲームは、コンピューターゲームに対して、複数のプレイヤーがテーブルを囲んで遊ぶゲームを指すことがあります。
私の園では、このゲーム類を多く置くことにしています。それは、少子社会では、子ども集団で遊ぶ機会が少なくなってきたこと、負けることも経験する、また、これらのゲームを異年齢でも経験することによってルールを改定したり、加減したり、様々な工夫をしています。6歳児が、まだルールが理解できない3歳児を相手にオセロをしているのを見ていたら、黒と白のこまを交互において、一緒にきれいな模様を描いていました。こんな遊び方もあるの香と感心したものでした。
このようなボードゲーム類は、今までは「モノポリー」や「人生ゲーム」のようなものがありますが、これらは少し難しく、また、遊ぶのにかなり時間を費やしますので、幼児には余り向いていません。そこで最近はドイツ製のものが多くあります。ドイツのボードゲームは、こんな特徴を持っています。「ルールが比較的簡単で、その場で説明してすぐ遊べる」「プレイ人数は2人のものもありますが、ほとんどは3人?6人程度の集団で遊べるものが多い」「プレイ時間は、短いものが多い」「運だけで勝負を決めるのではなく、子どもでもなれてくるにしたがって勝てるようになるゲームが多い」「イラストもきちんとしたイラストレーターが書いているなど、いわゆる子どもだましではない」などです。最近は、必ずしもドイツ人だけで製作されたものではないようですが、このようなゲームがある地位を獲得してきているようです。
 先日の 読売新聞に、「食の問題・新型インフルに備え…カードゲームで模擬訓練」という記事がありました。このゲームによって、「意見の違い知り、判断力を培う」とありますが、本来のゲームはそのような役目もあるので、すべて排除するというのもどうかなと思います。