0から700

 今日は、1日中大騒ぎだったのが、「0系」とのお別れでしょう。園で子どもたちが将来何になりたいかというと、「700系の運転手」といいますし、東京では、最近は「N700系の運転手」と答えます。私の息子が子どものころは、「新幹線の運転手」と答えましたし、私の子どものころは、「電車の運転手」と答えたものでした。
「運転手は君だ 車掌は僕だ あとの四人は 電車のお客 お乗りはお早く 動きますちんちん」電車ごっこの歌を思い出して、歌ってみたら、この電車は、最後に「チンチン」というので、どうもチンチン電車と呼ばれていた都電のようです。2番は、「運転手は上手 電車は早い つぎはぼくらの学校前だ お降りはお早く 動きます ちんちん」(「新訂尋常小学校唱歌(一)」昭和7年)でしたが、どうも井上赳氏が作詞した当時は、「つぎはぼくらの学校前だ」だったのが、昭和16年に、具体の地名からより一般的な学校前に改正されたそうです。
それにしても、この都電でさえ「電車は速い」ですから、新幹線の速さは想像できなかったでしょうね。「ビュワーン ビュワーン 走る 青いひかりの 超特急 時速250キロ すべるようだな 走る ビュワーン ビュワーン ビュワーン 走る」これは、私の好きな作家の山中恒作詞の「はしれ超特急」です。この車体は2番に出てきます。「まるいひかりの ボンネット 時速250キロ とんでくようだな 走る」
 初代新幹線0系は、その先端が「団子っ鼻」で知られていましたが、当時は、「旅客機を思わせる先頭部……」といわれ、最先端のデザインだった新幹線が、今日、44年の歴史に幕を下ろします。東京オリンピックを9日後に控えて開業した東海道新幹線。慣らし運転の1年間は東京―新大阪間を当時では世界最速の時速210キロ、4時間で結んだ。開業日は東京から「ひかり1号」、新大阪から「ひかり2号」が出発したというニュースが、1964年10月1日に流れました。まさに、私の年代である団塊の世代の象徴でした。私は少しの違いで乗ることはできませんでしたが、3歳下の弟は、関西への修学旅行は新幹線で行きました。
 当時のことを、この「だんご鼻」の先端をハンマー一本で打ち出した生みの親の一人である山下清登さんが、こう語っています。「時間がない。君に任せる。なんとか試作車を作ってくれ」東京五輪を3年後に控え、東海道新幹線の開業準備が急ピッチで進んでいた1961年秋、笠戸事業所で列車の板金工だった26歳の山下さんは、思わぬ相談を持ちかけられた。国鉄から届いた先頭車両のデザイン画を手にして絶句した。飛行機を思わせる流線型。従来の「かまぼこ型」とは訳が違う。「時速200キロを超える乗り物の板金法なんて誰も知らなかった」。他の4人の板金工はほとんどが10代。プラスチック製の先頭部に続く、なめらかな曲線が打ち出せず、木型に鉄板を何度も合わせ、試行錯誤を繰り返した。効率的に作業ができるよう鉄板を切り分けて打ち出し、後で溶接する方法をとった。打ち出し方にも工夫を重ね、夜遅くまでハンマーを振り続けた。
この先頭車前面には「ひかり前頭装置」と呼ばれる丸いプラスチックカバーが装着され、中には非常用の連結器が納められています。これらの職人の技術は、次世代への連結部かもしれません。

0から700” への5件のコメント

  1. 金属の板から曲面を作る「打ち出し板金」の技術をテレビでみたことがあります
    。簡単そうに見えるところに職人の技術を感じました。こうした技術が次の世代に
    受け継がれ、また新しいものを生み出していくことを考えると、職人の技術は形を
    変えることがあっても長い年月生き続けるんでしょうね。
    新幹線に乗る機会が最近は少なくなりました。以前は早く移動できる手段と言え
    ば自分の中では新幹線でしたが、今は飛行機に変わっています。乗り物の速度も速
    くなり、乗り物の世代交代もどんどん早くなっていくように思います。こんな時代
    だからこそ、はやさとは反対のものとのバランスも大事だと思っています。

  2. プロジェクトxで「執念で生んだ新幹線」という番組を見たことがあります。当時、鉄道研究所には、戦時中に戦闘機の設計など兵器の開発にあたっていた技術者が多数採用されていて、彼らの世界最高レベルの技術を生かして新幹線の設計にあたったと言われています。0系の流線形のフォルムも爆撃機「銀河」がモデルだと言われています。自分たちが作った兵器で多くの若者が死んでいった。今度は、平和日本のために、新幹線にすべての技術を生かそうとしたのだと思います。そういえば、世界一の造船技術も海軍の軍艦製造のノウハウが生かされていると言います。戦後の高度経済成長を支えた技術が、実は戦争の産物であったのも歴史の事実のようです。

  3. 0系新幹線の最終運転のニュースをテレビで観ました。家族で観ていました。僕は思わず「ビュワーン ビュワーン 走る 青いひかりの 超特急・・・」と「はしれ超特急」を口ずさみます。N700系世代の息子もテレビを見入っています。何だかまた一つの時代が終わった感がして寂しくなりましたね。東海道新幹線に初めて乗ったのが20代の頃です。その頃は「0系」ということをあまり意識せずに乗車していました。食堂車がついていて「カレーライス」を食べたことを覚えています。その後は「食堂車」もなくなり新幹線の旅が随分味気ないものになりました。新幹線の先頭部分も大分様変わりしました。いろいろな「顔」があってそれはそれで楽しいものですが・・・。

  4.  私の中で新幹線といえば「0系」でした。先が丸くて、飛行機のような形をしていて、初めて見た時は「早く乗りのりたいなぁ」といつも思っていました。結局、乗ることが出来ませんでしたが、電車にあまり興味がない私でも、「0系」だけは思い出深い電車の一つです。
     以前「N700系」に乗る機会がありましたが、新型の新幹線は窓側座席の下にコンセントを差し込むところがあり、おそらく主にパソコンを使う人のニーズに応えたのだと思います。いずれは新幹線の中に無線ランもでき、乗客がいかに快適に車内を過ごすための設備が出来てくるような気がします。今まで新幹線も色々と進化をしてきましたが、それも新幹線の基である「0系」のおかげだと思います。

  5. 先端が「団子っ鼻」の新幹線は、今や鉄道博物館の中でしか見られないのでしょうか。また、『「だんご鼻」の先端をハンマー一本で打ち出した』とあり、あの丸みが人の手によって、ハンマー一本で作られたということに驚きです。現代の新幹線は、下部が異常に長く、とんがりを増しています。空気抵抗を少なくするための技術であると思いますが、新幹線の形の変形は、技術の進歩とともにそれに魅了される人々をも増やしている印象です。子どもたちは、身近な乗り物としてある「電車」から、新幹線やモノレール、そして、その種類などに興味関心を寄せて、とても楽しそうに覚えていますね。子どもたちも、職人の思いを受け継ぐ重要な存在なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です