記憶

 子どもと付き合っていると、子どもというのは、不思議な存在だなあと思うところが随所にあります。しかも、そのほとんどが、本人が意識していない場合です。
 どこかに出かけるときに、朝あわただしく支度をして、さあ、出かけようと思ったとたんにオムツにウンチをしてしまうとか、車に乗り込もうとすると「トイレ!」と言い出す始末です。また、長い間念願だった旅行の計画の前日に子どもが熱を出したり、感染症にかかったりしてしまいます。
 子どもとの親子関係での付き合いの中で、私がいくつかのポイントをあげました。「子どもは、何かものを与えれば喜ぶのではなく、気持ちをわかってもらうことを望んでいます。」「子どもは、自分のために親が犠牲になることを望むのではなく、子どもから望んだときに、自分が優先順位の高いことを望みます。」(やってあげる育児から見守る育児へ 学研)
子どもは、このようなことを親に望み、定期的にそれを試そうとしている気がしてなりません。「自分の気持ちをわかってくれているだろうか、自分が親の意識の中で優先順位が高いのであろうか」ということを、保護者の選択から感じようとします。ですから、究極の選択を迫るのです。
 もうひとつ、こんなことが言えるようです。それは、その前のあわただしさから、子どもが精神的に疲れている可能性が大きいといえます。私たちの身の回りには、さまざまな細菌やウイルスがうじゃうじゃいます。たとえば、風邪のウイルスは200種以上あるといわれています。私は、昨日インフルエンザの予防注射を昨日しましたが、これが効くかどうかは当てにならないようです。というのも、その中のある種にしか効かないからです。それよりも、本当は効果的なのは、細菌やウイルスの感染を繰り返すうちに、自分自身に免疫力を着けることです。しかし、乳幼児では、まだ抵抗力を持っていません。ですから、出かける間際に限って、かかるわけではないのです。普段と、数値的には変わらないといいます。
 しかし、なぜか大事なときの前に限って病気になる気がします。それは、どうも記憶の問題のようです。榊原洋一先生が「大人が知らない子どもの体の不思議」(講談社)の本の中で、こう説明しています。
 「記憶を大きく二つに分けると、長期記憶と短期記憶があります。今日の朝食のメニューは思い出せても、三年前の同月曜日の朝食の内容は、日誌でも付けていなければ思い出せません。今日の朝食だって、何日か経つとすっかり忘れてしまいます。それは朝食の内容についての記憶が短期記憶だからです。しかし、たとえば自分の結婚式のメニューは、何年前のことでも思い出せるかもしれません。それは、結婚式という人生の特別イベントであるために、メニューが長期記憶として定着しているからです。だから、3年前の朝食のメニューであっても、それが何か長期記憶に刻まれるような特別の日の朝食であれば、思い出せるということになります。」
 何が長期記憶として定着するかは、その日が特別な日であったり、印象深い日であるかによるのです。子どもにとって、いやな記憶を長期記憶として定着しないように気をつけなければなりませんね。