自己中

  何回か紹介した私がブログを始める前に書いていたメルマガからひとつ紹介します。2004年11月4日に書いたもので、さわやか福祉財団理事長の「堀田力」氏が書いた新聞記事を紹介しています。
「人の原点は、ほかの生物と同じく、自己中心主義(自己中)であろう。―略―
さて、自己中と自己中とが衝突するとどうなるか。親あるいは教師は、権力と権威で子どもを屈服させる。力の強いほうが勝つのである。それが教育だと思っており、子どもがいうことをきくことをもって、教育の成功だと思っている。しかし、それでは子どもの身には着かない。彼らが学ぶのは大人の偽善と、理不尽な力が勝つという不合理である。子どもの自己中を正すためには、自己中な子ども同士がぶつかり合い、その中で自ら学び、協調することを覚えるしかない。子ども同士なら、権威と力で押さえつけるという装置が働かないから、人間関係を作る中で自然に学ぶことが可能になるのである。大人は、子ども同士の交わりの中で子ども同士が自己中を正していくのを見守る。それが、大人のできる最高の教育であろう。」
 子どもが少ない少子時代の今では、子ども同士がぶつかり合うことが少なくなってきています。物が豊富になったため、ものを取り合ったり、譲り合ったりしないで済むようになりました。物だけではなく、時間も、空間も自分だけのために確保できるようになりました。そのような意味において、幼稚園・保育園という場は、子どもにとって、貴重な場だといえます。多くの子どもが共に生活するうえで、さまざまな場面で、譲り合っている姿を見ることができます。
 今回の保育指針の改定の背景に、子どもが人と関わる経験が少なくなってきていると書かれてあります。人と関わることで当然トラブルも発生しますし、自己中のぶつかり合いも起きます。しかし、その中から人に共感する心が育っていきます。もともと人とは、社会という集団を構成するようにできています。
 今日、以前ブログで「イエナプラン」というオランダの教育を紹介しましたが、それを日本に紹介しているリヒテルズ直子さんから、「残業ゼロ 授業料ゼロで 豊かな国 オランダ」(光文社)という書籍を送っていただきました。その「はじめに」のところに紹介されているのが「ユニセフ・イノチェンティ研究所調査」です。このデータは、日本でも昨年2月に日本の新聞で紹介されたものですが、国連児童基金(ユニセフ)が行った、先進国に住む子どもたちの「幸福度」に関する調査報告です。それによると、子どもの意識をまとめた項目で、「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟25か国中29・8%と、ずば抜けて高かったのです。日本に続くのはアイスランド(10・3%)とポーランド(8・4%)ですから、日本は飛びぬけて多いですね。
 世界で一番感じていない国は、オランダの2・4%で、イギリスは、5・4%、学力が高いといわれているフィンランドは6・2%、ドイツでも、6・2%です。ぶつからないから仲がいいというのは違います。今回の小中学校の学習指導要領でも「協同的学び」が重視されていますが、群れていても、共感の心がないと無理な気がします。