情報2

 戦争中は、敵に情報が漏れないようにするために暗号を使っていましたが、平和の時代になれば暗号など入らなくなると思いますが、実は最近は暗号を頻繁に使うようになっています。しかも戦争中は一部の人だけが使っていましたが、現代では、すべての人が暗号を使います。それは個人の情報が他人に漏れないようにしたり、本人であることの確認に使われる「パスワード」といわれるものです。
 いま、何を操作するにもパスワードが必要なので設定をしますが、誰でも思いつくような覚えやすい文字列でパスワードを設定することは避けるようにすべきだと言われていますので、本来はランダムな文字列の羅列にし、かつ文字数を多くするのがいいのでしょうが、そうすると自分自身で覚えるのが大変になってしまい、逆に忘れないようにとメモに記録すると、今度はそれをどこにしまっておこうかと悩んでしまいます。また、あとで忘れることも多く、困った思いも何度かしています。
近年発生しているクレジットカードやキャッシュカード窃盗やスキミング等の事件に於いては、日本ではじつに57%が生年月日を入力されて現金を引き出されているそうです。他にも、自動車のナンバーや電話番号、他人に容易に類推できる情報や一般的な単語1語、関連のある単語同士を繋げたもの、キーボードの配列そのまま、同じ数字4桁(「0000」など)や、連続する数字(「0123」など)、自分の好きなものや家族や恋人の名前など、他人によく知れ渡っているものをそのまま使うなどは避けたほうがいいといわれています。
パスワードのなかで、金融機関のATMや携帯電話の本人確認で利用されるものは、数字のみで構成されていますが、このような文字列を暗証番号(PIN、personal identification number)といいます。このような暗証番号はわずか4桁だけしかない場合が多く、0000?9999の、せいぜい10000回試せば暗証番号を発見できることから、番号を忘れてしまった場合に全部の番号を試すソフトウェアもあります。このソフトは、自分が忘れたときだけでなく、他人が調べるときにも使えますので、定期的にパスワードを変更する事で、たとえ盗難にあってもすぐに無効化できるため、任意のパスワードを設定できる所では、定期的なパスワード変更が推奨されています。そのために、最近では現金自動預け払い機でも、その場の機械操作だけで暗証番号が変更できるようになっているものもあります。しかし、その場合は変更前のパスワードを覚えていないと変更することができませんので、忘れたから新たにっ設定しようとしてもダメでがっかりすることがあります。
高いセキュリティが必要なシステムで使われる文字列の長さが数十文字以上と長いパスワードのことを特にパスフレーズと呼びます。また、多くのシステムでは、パスワードに用いることのできる文字はアルファベット26文字か52文字(大文字・小文字が区別される場合)、アラビア数字10文字、「+-/!”#|_」などの記号を使うことができます。
 昔の暗号解読のように、パスワードやクレジットカードの番号を入手することで、他人になりすましてさまざまな利益が得られることから、パスワードを発見しようとする人がおり、それができるようなソフトも開発され、また、探られないようなシステムを作ったりといたちごっこです。日本では武力戦争は終わったかのように見えますが、正義と悪の戦いは人間の宿命でしょうか。

情報2” への5件のコメント

  1. パスワードは私たちの生活の中で重要なものになっていますね。推測されにくいパスワードの作り方のヒントを教えてくれるサイトがあったりしますが、そのヒントを教えてくれるということは他人が推測するヒントにもなると思うので、何を信用すればいいのかわからなくなります。自分のパスワードは自分で責任もって管理しなさいということでしょうね。それにしてもこういったいたちごっこはいろんな分野で起きています。本当に人間の宿命なのかもしれないと思ってしまいます。

  2.  クレジットカードを作る時や何かの会員に登録するときなどにもパスワードが必要になりますが、パスワードを使う機会が本当にに多くなり、どれがどれだ分からなくなってしまいます。
     57%も日本ではスキミングや窃盗が起きているとは驚きました。これだけ起きているのなら、早く対策を考えて欲しいです。今後、スキミングの技術はどんどん進歩してしまいそうな気がしますが、そこまで人間の欲望を出させてしまう「お金」というものはとても大切な半面、とても恐いものだと思います。お金のためなら何でもするという人は世の中にはたくさんいると思いますが、お金に対しての考え方というものを自分自身考え直す必要があると感じました。

  3. 業務上、取引メーカーの商品情報や在庫情報のWebサイトを使っていますが、一度更新された時に、IDやパスワードの入力方法がより複雑になってしまい、しばらく使えなくなったことがありました。特に、パスワードは●●●●と表示されるので、入力が正しいのかどうか確認ができません。何度もやり直してやっと見つけた入力方法を忘れないようにデスクの前に貼っています。まあ、外部の人間が見ることはないので心配はしてません。技術を悪用して悪さをする人間がいる以上、セキュリティがますます厳しくなるのはやむを得ないとは思うのですが、それについていくのは結構大変です。どうせなら指紋や声紋を認識して本人確認するシステムのほうが、文字や数字の入力よりも簡単で確実のような気がします。

  4. 「パスワード」は確かに現代のパーソナル暗号ですね。確かに生年月日の数字をパスワードに使うことがあります。または、私が生まれ育った所が丁度数字に対応させることができるのでそれをパスワードにすることもあります。家内も全く同じところの出身ですから、郷里の地名が数字化された暗証番号は私たち夫婦の共通番号でもあります。それから、自分の名前と数字を組み合わせてパスワードにすることもあります。最近はパスワード作りが楽しくなり、ついついいろいろなものを作ってしまいますが、その「いろいろ」さによってどのパスワードがどれにあたるかわからなくなることも頻繁にあります。ノートに記しておかないといけません。さらに大変なことは、折角パスワードを記したにもかかわらず当のノートがどこへ行ってしまってわからなくなることです。誠にもって大変です。

  5. PCの発展とともに、パスワードの使用頻度もグッと増えていったイメージがあります。何をするにも「ログイン」が必要ですし、そのパスワードも4文字の物もあれば、8文字以上12文字以内など、その種類も様々です。パスワードを悪用する人とのいたちごっことは、このことなのですね。また、「番号を忘れてしまった場合に全部の番号を試すソフトウェア」もあるということで驚きました。最近では、それに対抗してか、数回間違えたら使用できなるものもあり、慎重にかつ確実な番号を入れなくてはならず、間違えられないプレッシャーをも感じています。頭の中に入れておくことができる情報量を超えているのが現代であるということでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です