与える喜び

このブログを始める前にある特定のメンバーのためにメールマガジンを書いていたことがありました。それは、一部の閉じられたメンバーだけで購読できるものでしたので、今読み返してみて、それ以後考えたことを付け加えると面白い内容のものがいくつかあるので紹介します。
2003年7月5日の「新しい仲間」という内容です。
「私のセミナーでの仲間や、ドイツツアーの仲間は、みんなとてもいい仲間です。この中から、今までの、地域の園長会や、保育団体とは違った、新たな団体のありようが見えてきます。この仲間は、あくまでも、子どもを大切にしよう、子どもを中心に据えようという、共通の意識があります。もちろん、どの保育者も、他の団体も、子どもを大切にしようとすることには異論がないでしょうが、なんだか少し違う気がします。しかし、この仲間の発言は、みんな頷くことばかりです。同じように考える人がほかにもいるかもしれません。幼稚園にも、学校にも、もしかしたら認可外施設にも、NPOの中にもいるはずです。結局は、「善い園」と「悪い園」と分けるべきかもしれません。そんな観点から、一つの団体を作りました。「ギビングツリー(GT)」がそれです。」
この会の名前の由来はもちろん主に「The Giving Tree(おおきな木)」(作・絵:シェル・シルヴァスタイン)という絵本から採ったものです。
この絵本の日本語の翻訳作品には、あらすじがこう書かれてあります。「昔、りんごの木があって、かわいいちびっこと仲良しでした。ちびっこは木と遊び、木が大好きで、だから木もとてもうれしかったのです。時は流れ、ちびっこだったぼうやは成長して大人になっていき、木に会いに来なくなります。ある日、大きくなったぼうやが木のところへやってきます。木は昔のように遊んでおいきと言いますが、ぼうやは言います。「かいものが してみたい。だから おかねが ほしいんだ。 おこづかいを くれるかい。」木は困りましたが、りんごの実をすべて与えます。大人になったぼうやは家を欲しがり、木はその枝を与えます。年老いたぼうやは船を欲しがり、木はついにその幹を与え、切り株になってしまいます・・・」
この絵本の最後は、人生に疲れ果てた老人になった少年は、ひざの高さほどの切り株に腰をおろして、少し安堵します。しかし、木はそれで満足します。
この絵本について、9月12日朝日新聞(夕刊)に「絵本の記憶」という連載に作家の鈴木光司さんが「与えること喜び」というタイトルでこの絵本を取り上げていました。
「ひたすら与えることに喜びを得るというのは、愛のレベルとして、最高度のものだ。まったく見返りを期待しないで、人に尽くせるかどうか、自分の心に問うてみれば、その難しさがわかる。親の、子に対する愛だけ、かな。」
 GIVE は、「与える」という意味ですが、その中には「与える一方」という意味もあるようです。しかも、それに進行形の「ing」がついているわけですから「与え続ける木」という意味になります。そして、その木は原文の最初の文で「Once there was a tree and she loved a little boy」といっているように女性名詞で書かれています。
やはり、最高度の愛は、子どもに与え続ける母親の愛かもしれません。