チーム

人生の哲学書ともいえる「淮南子」の兵略訓でこんな言葉を言っています。「千人心を同じくすれば、則ち千人の力を得、万人心を異にすれば、則ち一人の用無し」(千人が心を一つにすれば、千人分の力が得られるが、万人がいても心がバラバラであれば、一人分の役にも立たない)ということばです。この言葉は「兵略訓」の中にあるので、戦うときの考え方でしょうが、その表している意味は深いものがあるような気がします。
この言葉を素直に取ると、昔から言われるような「みんなの力を合わせると大きな力になる」と言うことを言いたいのでしょうか。確かに重いものを持ち上げるときにみんなの力を合わせれば重いものでも持ち上げることができるでしょう。しかし、ひとつの組織の中にいるとき、社会を形成していくときに力を合わせるということはどういうことなのでしょうか。ここで言いたいのは、みんな同じくするものは「心」であって、逆に心がみんな違えばいくら力を合わせても一人分にもならないと言うことなのでしょう。
ここで言う「心」とは、「志」とか「理念」とかであり、同じ理念の下、それぞれが自分ながらの力を出し、それを集めてこそ大きな力になるのだということいっている気がします。それは、「淮南子」の「職分論」の中でこういっています。
 「湯王武王は聖主である。しかし越人のように小舟で江湖を渡ることはできない。伊尹は賢相であるが胡人のように野生馬に騎乗することはできない。孔墨は博学であるが山人のように険阻な地に入ることはできない。これによって見れば、人知のものに対応できるところは浅い」自分の能力だけでは、いくらその力は大きくても天下を治めることはできず、ましてや世界を照らすことなどはできないのです。この淮南子では、それができるのは、「道の条理」であると言い、「人の君主で廟堂を下らないで世界の外まで知ることができるのは物によって物を知り、人によって人を知るからである」と言っています。それで人々の力を積み上げれば勝てないことはなく、衆人のそれぞれの知を用いてなすことに、できないことはないと言うのです。
「それぞれの知」という「衆人の能才を用いること」をこうたとえています。
「駿馬は一日に千里に至る。それでも兎を捕えさせれば狼に及ばない。技能が異なるからだ。ミミズクは夜蛾を捕る、毛先を分けるほどの視力だが、昼間は丘を見分ることもできない。性が異なるからだ。蛇は霧の中で動き、龍は雲に乗って上がり、サルは木の上で跳ね、魚は水を得て素速い。また車を作る時、漆を塗る者は描かない、彫る者は削らない。それで職人に二技なく士は官を兼ねない。各々その職を守り相乱さず、人の的を得て仕事がやり易い。こうだから、機械に狂いなく、職務に支障がない。職責少なければおぎないやすく、守りやすく、任務が軽ければ計りやすい。お上が簡約省力に分かつように操作し、下々はやりやすく効果を上げる。そこで君臣共に久しく疲れない」
この考え方は「韓非子」で言うような「職分」を言っているのではありません。「人の的を得て」ということで、自分の得意とするところ、自分を生かすことを見つけ、それぞれが分担し、それぞれの立場から補い合うことでそれぞれの負担が軽くなり、より成果が上がるのだということを説いているのです。
集団でのチームワークのあり方を考えるうえでのヒントになりますね。