微生物

 昨年5月に、NASAは、火星探査機フェニックスをその年の8月に打ち上げることを発表しました。このフェニックスは火星の北極に着陸し、探査機としては初めて北極の気象を調査すると同時に、特徴的な長い腕を使って表面の地層を掘り、その下にある水の氷を直接調べることに挑戦します。2002年にNASAの火星の上空から観測する探査機マーズ・オデッセイが、腕の深さほどのところに氷が眠っている証拠を見つけたので、「着陸して直接氷を調べたい」という機運が再び高まっていたからです。
1999年火星の南極を目指した探査機「マーズ・ポーラー・ランダー」は、着陸に失敗して、灰じんと帰してしまいました。ですから、今回の探査機は、「灰の中からよみがえった不死鳥」ということで、「フェニックス」と命名されました。
このフェニックスの打ち上げは、昨年8月4日に見事成功しました。そして、先日、米国東部時間25日午後7時53分(日本時間26日午前8時53分ごろ)に火星に無事着陸したというニュースが流れてきました。そして、着陸後に届いた初画像から、探査機は良好な状態にあることが確認されました。その周りは岩石の少ない地点であり、地表に氷は見られないようですが、今後地面を掘削する探査で、どんな映像が送られてくるか楽しみです。
私たちは、宇宙人というと、「火星人」を思い浮かべます。それは、火星が太陽系の8つの惑星のうちで太陽との距離、公転周期などで地球と最も似ているということと、火星上の多くの場所に、 大洪水や小さな河谷系を含む侵食作用の非常に明らかな証拠が存在しているからです。しかし、過去のある時期には、確かに水が地表面に存在していましたし、大きな湖や海洋さえあったかもしれないといわれています。しかし、地球と同様に、ほとんどすべての二酸化炭素は使い尽くされ、炭酸塩岩を形成しました。しかし、地球のようなプレートテクトニクスが存在しないので、火星はこの二酸化炭素を大気中へ戻すことができず、その結果、十分な温室効果を維持することができずに、現在では、気候があまりにも過酷で、地表面付近の平均気温は地球の13度に比べて大幅に低い氷点下53度ということもあって、科学者たちは、人類のような知的生命体が存在するとは考えてはいません。しかし、火星には、微生物のようなものかもしれませんが、水が凍りついた大型湖が存在し、生命体が存在する可能性がある、と判断しています。今回、それが少しわかるようになるかもしれません。
火星人といえば、イギリスの作家H・G・ウェルズが1898年に発表したSF小説「宇宙戦争(原題The War of the Worlds)」が思い出されます。20世紀の初めに火星人が地球に到来し、武力で侵略していきます。そして、地球は征服されますが、最後は、こんな終わり方をします。
いよいよ、人類は滅亡すると思われたとき、主人公は、火星人がみんな死んでいるのを見つけます。その火星人をやっつけたのは、人間の武器や策略ではなく、太古に造物主が創造した微生物だったのです。微生物に対する免疫がない火星人は、地球に襲来し、地球で呼吸し、飲食することによって、微生物によって死に至らしめられたのです。
火星人ではありませんが、微生物に対する免疫がなくなってきている最近の子どもたちは、大丈夫でしょうか。

微生物” への6件のコメント

  1.  よくテレビでUFOの特集をしている番組をたまに見かけます。映像などは本当かよく分かりませんが宇宙人がいるのは信じています。いまだ宇宙の謎は解明されていないのですから、地球人以外の生命体は必ず存在していると思います。そのイギリスの作家が書いたSF小説の結末は考え深いことだと思いまます。今の日本の子ども達は、このままだと微生物に抵抗できなくなる気がします。海外に試合等で行く友人がいるのですが、水は飲めないとよく言っています。それだけ日本人は海外の水さえも抵抗出来ないくらい体が弱いそうです。今でさえ弱いのにこのままだと今以上に弱くなっていくと思います。その辺りをしっかりと対策等を立てるべきだと思います。

  2. 皆さんは「チューブワーム」という深海の生物をご存知でしょうか。太陽光線の届かない深海で、「熱水噴出孔」から噴き出る硫化水素を化学合成細菌の力を借りながら、それをエネルギー源にして生きています。このことは、宇宙において、私たちの想像を絶するような過酷な環境でも生物が存在する可能性を示唆しています。たとえば、木星の第2惑星「エウロパ」の地表面の厚い氷の下に海と火山活動があり、海底の熱水噴出孔と同じ環境にあるといわれています。微生物どころかもっと大きな生物が、太陽系にもいるかもしれないですね。

  3. 米国航空宇宙局(NASA)のニュースレター”Space Weather News”(宇宙天気ニュース)配信を受けています。丁度5月28日号が「フェニックスの降下」というタイトル号で米国火星探査機の火星北極無事着陸詳細記事へのアドレスを紹介していました。同記事によると火星への無事着陸がなんと32年ぶりだそうです。しかも同探査機の着陸を火星上空を回る2つの探査衛星によっても確認。一つの探査衛星からはフェニックスが降下する写真が、そしてもう一つの欧州宇宙庁探査衛星火星エクスプレスから何と録音されたフェニックス降下音が地球に送られてきました。その音を聞いたのですが雑音です。それでもロマンを感じます。探査の結果「微生物」が発見されるかもしれませんね。ところで日本の子どもの免疫力低下はとても心配です。火星どころか隣の国に行っただけでもう駄目、ということになりそうです。

  4. 昔はタコのような姿をした火星人を雑誌などによく登場していましたが、最近はほとんど見ることがありません。いろんなことが解明されていきくのは素晴らしいことだと思いますが、昔の空想を否定する証拠が見つかっていくのは少し寂しく感じます。
    抵抗力のことですが、人は細菌や微生物とともに暮らしてきたことを考えると、今の「害のある微生物や細菌は排除する」という傾向は問題があると思っています。害はあるかもしれないけどある面では必要という見方をすべきだと思うので、一面だけを強調する風潮は危険だと思っています。

  5. 火星人と遭遇という夢のような出来事が、現実として起こるかもしれませんね。「太陽系の8つの惑星のうちで太陽との距離、公転周期などで地球と最も似ている」という火星が、地球と同じように生物が生存しているとなると、火星移住という話も具体的になってきたりするのでしょうか。最近見た「オデッセイ」という映画では、火星の基地の中での生活を描いていました。基地の中ではジャガイモも育てていました。酸素という大きな課題はありますが、宇宙服を来たまま、火星内を散歩するという未来もあるのかもしれないと思うと、これからの時代の可能性の大きさというものに高揚したりもします。

  6. 現在、火星が地球に接近しているということで、その光を肉眼でも見ることができますね。確か、少し前のニュースでも生命体の痕跡がどうとか報道されていたような記憶があります。そして、これまた少し前にオデッセイという映画が公開されましたが、これは探査機の名前からきているのですね。気になってはいたのですが、まだ見れていないので、いつか見てみたいなと思います。地球に生命体が存在するならば、地球外にも生命体が存在していてもおかしくないと思うのですが、なかなかそれを見つけることは難しいのですね。途方もなく離れた星で人類をこえた生命体がとてつもなく進化や進歩を遂げているかもしれないし、またはもう想像もつかないような生命体が存在しているかもしれませんね。宇宙というのは本当に不思議です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です