価格

 商品を買うときに、何を基準としますか?当然、欲しいものについての機能がそろっているかということが第一条件ですが、それが満たされているとしたら、その次に何を優先するかは、その人によってさまざまだと思います。好きなメーカーや、信頼できるメーカーのものを選ぶか、デザインのよいものを選ぶか、使いやすさで選ぶかさまざまでしょう。しかし、誰もが選ぶ観点として重視するものに、「価格」があります。
 では、その商品の価格はどのように決められているのでしょうか。
 まず、多くは、製造原価に対して一定水準の利益率を上乗せして販売価格を決定する方法で、「原価基準型」と言われている、最も基本的な価格設定があります。この方法はメーカー側の都合だけで価格が決定されるために、消費者側の価値観に合わない場合があります。しかし、たとえば保育用品などは、消費者が少なく、販売予定数が少ないので、割高な利益率が設定されています。
また、独自性に欠ける商品やサービスの場合には販売シェアのランクによって価格を決定しなければなりません。特に後発商品の場合は、今までのシェアに食い込まなければなりませんので、利益率というよりも、先発メーカーよりも低い価格設定をしなければなりません。最近の、携帯電話のソフトバンク参入の最初の頃は、そのような「競合意識型」という価格設定が行われていたような気がします。
  そのほかに、たとえばブランド名の知名度で価格が決められている場合があります。その場合は、周りの人への見栄や、なんとなく高いものはいいものだという錯覚を利用して価格を割高に設定する場合があります。それから、ペットボトルや缶ものの飲み物は、ほぼ値段が統一されています。ですから、最初の頃は、コーヒーとお茶が同じ値段であることに抵抗がありました。
 しかし、私が最近よく人に言うのですが、これからの価格設定の要素に、「地球への負荷」を入れて欲しい気がします。どのくらい地球に負荷をかけているかを計算して欲しいと思うのです。そのように計算すると、たとえば、労働力が安い外国からの輸入よりも、安全な国内産のほうが安い場合が多くなり、各国、自給率を高める方向を考えると思うのですが。そんな観点から、今月22日に、面白いニュースがイギリスで流れていました。
 「マッカートニー氏、ハイブリッド車で批判受ける」というものです。
元ビートルズのポール・マッカートニー氏は、動物・環境保護活動家として知られる存在ですが、彼が所有するハイブリッド車が、日本から貨物輸送機で運ばれてきたことが明らかになり、環境団体らから批判が出ているというのです。この車は、トヨタの高級車部門、レクサスのLS 600hで、ツアーのスポンサーを務めるなど、ポールと深いかかわりを持つトヨタが彼にプレゼントしたものだそうです。ハイブリッド車であるので、環境に考慮しているのでいいのではないかと思ったのですが、実は、指摘されているのは、その車種の問題ではなく、その車の輸送の問題なのです。
  自動車を空輸で日本から英国まで輸送すると、自動車で地球を6周するのと同程度の二酸化炭素を排出することになると非難されているのです。レクサスは焦らず、船を使って輸送すべきだったというのです。
  世界中が、早くそのような考え方にならないかなあと思ってしまいました。