徂徠豆腐

 庄内藩の藩校教育に影響を与えた荻生徂徠といえば、徂徠の逸話から採った落語、講談、浪曲でのネタとして「徂徠豆腐」というのがあります。その中の名せりふを小泉さんがたとえとして使ったことでも有名になりました。
 「江戸にいたんじゃ、「まさかこんなことはできねえ、まさかあんなことはできねえ」って、「まさか」って坂を心にこしらえてしまう」というもので、人生には「まさか」というようなことが起きます。しかし、その「まさか」といった事態を越せなければ、江戸では生きていけないのです。「まさか」を越すぐらいなら、田舎へ流れていった方がいいのではないかと女房に言いつつ、自分にも言い聞かせるのです。このまさかという逸話がこれです。
 豆腐屋が街を流して売っていると、ある長屋で貧乏学者風の男に呼び止められます。すると豆腐を一丁だけ売ってくれと言うのです。豆腐を渡すと男はその場で豆腐をたいらげ、細かい金はないから、あとでまとめて払うと言います。そんなことが5日ほどつづき、豆腐屋が今日こそ払ってくれと言うと、男は金がないというのです。そこで豆腐屋は問いただすと、「今は学者の勉強をして、世の中を良くしたい。いずれ世に出る日がくるから、そのとき払う」と言うのです。それなら出世払いで良いからと、翌日から差入れが始まります。そんな行動をおかみさんが不審に思い、咎めるのですが、理由がわかるとおにぎりを持ってお行きと言うのです。あるとき豆腐屋は風邪で2週間ほど寝込んでしまいます。しかし、その男のことは気になっていたので、病み上がりの体で長屋を訪ねたのですが、もぬけの殻で、行き先も分かりません。長屋で名前を聞くと「確か、お灸がツライ、とかなんとか言っていたよ」と言うだけです。その後何回か足を運んだのですが、わからずじまいで、次第に夫婦の頭から消えていきました。
ある夜、豆腐屋の隣から火が出て、豆腐屋も全焼してしまいます。もらい火で、一夜にして店も家も財産も失った豆腐屋の上総屋七兵衛が、うちひしがれている女房に向かって「こうなればどこか田舎へ流れていくしかない、江戸にはいられない」と言う時のせりふが最初に書いたせりふなのです。そうしていると、そこへ立派な身なりの男が現れ、ぜひ援助したいと言います。最初は誰だかわからなかったのですが、以前、豆腐を食わせていた男だと気が付きます。名前を聞くと、「お灸がつらい」ではなく、「荻生徂徠」だと言います。「おきゅうつらい」ではなく「おぎゅうそらい」だったのです。徂徠の援助で豆腐屋はまた店を再建するのです。その豆腐は「徂徠豆腐」と名づけられました。
このような世に出る前に一日一丁の豆腐で飢えをしのいで勉学に励む荻生徂徠と、その清廉、真摯な姿勢にうたれた豆腐屋との温かい交流を描いたものです。この話は、事実と、落語で話される内容を私なりに少し混ぜて変えてしまっている部分もありますが、大筋このような話です。
 この豆腐屋の行為を、落語では徂徠にこのように説明させています。「十年前、私は銭を払うような素振りで、都合、三丁の豆腐を食しました。無銭飲食です。法に触れた行いです。しかし、あなたはそのことには 触れず、『出世払いでいい』と情けをくださったではありませんか。あなたは天下の法に許す限りの情けを注いでくださったのです」
 ちょうど先日、私が、園の方針がぐらつくのではないかというある保護者にこんな話をしました。「園は夜8時半に門を閉めます。しかし、その時刻にきちんと門を閉めるのは機械でもできますが、遅れた事情を聞いて、それを許すことができるのは人間だけです。それは、子どもにとって最善の利益を求めるという理念がぐらつかないからです。」と答えたのです。

徂徠豆腐” への8件のコメント

  1. 『情けは人のためならず』といいますが、徂徠豆腐の落語噺、いいですね。なんかホロっとしてしまいました。「困った時はお互いさま」という助け合いの精神というか、江戸っ子の心意気みたいなものを感じますね。人生で「まさかの坂」に出くわすことって結構ありますね。大きな災難でなくても、信じていた人に裏切られたとか、うまくいくはずが大失敗したり・・・でも、そんな時にその人間の真価が発揮されるものだと思います。一度こうと決めた強い信念があれば、まさかの坂も越えて行けると思います。

  2. 「お灸がつらい」が「荻生徂徠」とは、何とも洒落ていて私好みです。私は元来「言葉遊び」が好きで、「恐れ入谷の鬼子母神、浅草のほうずきいち」と「恐れ入りました」では話しが終わりません。先日ある会があり「終わりの言葉」を担当させられ「おわり名古屋は城でもつ、日本の保育はせいがでもつ」などと自分の虚心坦懐を表明してみたのですが、若干名は深く頷きながらも他は何のことやら・・・という表情が印象的でした。さて、荻生徂徠についてはあまりよくわかりませんが「豆腐」は我が家の家業でした。私が物心ついた頃は母がひとりで一生懸命「豆腐製造」に精を出しておりました。父の仕事がうまくいっていないときでも「豆腐」を売って日銭を稼ぎ、結果として今の私や私たちが存在することに繋がります。豆腐は私たちにとりまさに「豆富」です。

  3. 荻生徂徠についての逸話については知りませんでした。ひょっとしたら、15年以上昔に話題(事件?)になった栗良平氏の「一杯のかけそば」、話の もと となったネタかもしれないと思いました。
    ただ考えるのは、無償の愛があったからこそ人は恩義を感じ忘れないし、愛を受けた人はいつか返そうとする。今にも通じる普遍的なもののはず… なのだが、「お蔭様」の気持ちが通じない裁判ニュースを聞く度に、今回のお話がもっと世間に広まってほしいと思います。
    > その時刻にきちんと門を閉めるのは機械でもできますが、遅れた事情を聞いて、それを許すことができるのは人間だけです。
    ここの部分は、ぎりぎりにお迎えに来て文句を言う保護者に一度話して聞かせてやりたいものです。

  4.  落語というのは面白いですね。落語というものを聞いたことがないので、どういう話をしているのか今まで分かりませんでした。今回のブログで紹介された「荻生徂徠」のお話しは、面白いというよりも「なるほど」と率直に思いました。そして、その中にも、豆腐の代金を出世払いでもいいという人間の暖かい心、豆腐やの器の大きさというものを感じましたし、その恩をしっかと返すところに義理人情というものを感じました。今の時代、義理と人情という考えは古いかもしれませんが、これは人間しか出来ないことです。人である以上お互いに思いやっていこうと感じました。

  5. 徂徠豆腐というタイトルを見ても全く内容が想像できませんでした。小泉さんが引用していたんですね。そのことも話の内容も知らなかったです。知らないことが多いことを痛感しました。
    人間にしか出来ないこと、考えさせられました。仕事をしていると大きな決断や小さな決断が常に必要になります。そんなときにただ機械的にするのではなく、人間にしか出来ない決断、自分らしい決断、理念に基づいた軸のぶれない決断をしていきたいと思いました。

  6. 「徂徠豆腐」という話が落語にはあるのですね。調べてみると立川志の輔さんがやっておられる音源を見つけることができました!じっくり聞いてみたいと思います。まだまだそんなに多くの落語を聞いたことがないのですが、私は落語を聞くのが好きです。本場の落語をまた実際に見にいきたいなと思っています。何度か保育園で落語の真似事をしたことがあるのですが、落語をする、演じるというのもまたおもしろいですね。そして、落語にはいろいろな話があるというのもまたおもしろいですね。徂徠豆腐の話は知らなかったのですが、そのようにかつての人々の人情や当時の時代背景などを落語から感じるというのもまた楽しいことだなと思いました。

  7. 落語や講談の徂徠豆腐の噺を聴くと涙が流れます。
    史実は荻生徂徠が上総屋の近くに寄宿し食料を恵んで貰ったのは確かです。
    火事の後の豆腐屋再建は分かりませんが、
    豆腐のお礼に捨て扶持二人扶持を贈り、当時、学侶千人と謳われた最大の寺院のお出入りを斡旋して功に酬いています。

  8. 「まさかの坂」の話の原点を知ることが出来ました。荻生徂徠の、受けた恩は必ず変えそうとする姿勢、今受けられる恩は心にしみ込ませながらできるだけ受けようとする姿勢、そのような行動が人を成長させていくのかもしれないとも感じました。豆腐屋の人情溢れる行いというのは、江戸では当たり前だったのでしょうか。まさかの坂を乗り越えなくては江戸ではいられないというのは、見方を変えれば、まさかの坂に出くわした時、それを支援してくれる人、助けを求めた時に必ず応えてくれる人という人脈を持っているかどうかという話なのかもしれませんね。そのような人間関係が、江戸では沢山あったのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です