地球

 今日のグーグルのロゴは、岩が文字をかたどり、滝が落ちる脇には木が生えています。きょうは、「地球の日」だからです。地球の日は「アースデイ」といわれ、地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有する日です。1960年代の終わり頃、環境問題や、その保護のために力を注ぐ政治家はまだ少なく、そのうちの一人だったネルソン氏は、学生運動・市民運動がさかんなこの時代に、アースデイを通して、環境のかかえる問題に対して人びとに関心をもってもらおうと考えました。その概念は、当時スタンフォード大学の全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏に伝えられました。 ヘイズ氏は、全米中にアースデイを呼びかけました。1970年に行われたアースデイは、アメリカ全土で2000万人を集め「環境保護に地球市民として取り組む」集会を行い、地球への関心を表現するアメリカ史上最大のイベントとなりました。このアースデイをきっかけに、環境問題に対して人びとの関心が払われるようになり、環境保護庁設置や大気浄化法、水質浄化法などさまざまな環境法が整備されたほか、環境問題について消極的な態度をとりつづけてきた議員が選挙に落選し、軍は東南アジアにおける枯れ葉剤の使用を禁止されるなど、アースデイの影響はあらゆるところに及びました。日本に歩行者天国ができたのも、このアースデイがきっかけです。
  地球は太陽から3番目の惑星で5番目に大きな惑星です。そして、太陽からの距離は、149,600,000 kmです。そして、その直径は12,756.3 kmあります。太陽系のほかの惑星は、その英語名はギリシャ神話やローマ神話をもとにしています。水星はマーキュリー、金星はビーナス、火星はマーズ、木星はジュピター、土星はサターンといいます。しかし、地球の英語名のEarth(アース)は、ギリシャ神話やローマ神話をもとにしていません。この名前は古い英語とゲルマン語から来ているのです。
  今では小学生でも知っていますが、地球があるひとつの惑星に過ぎないということがわかったのは、コペルニクスの時代(16世紀)になってです。しかも、この惑星全体の地図は20世紀になって初めてできたのです。現在、よく気象情報や台風情報などで地球の宇宙空間から撮影された写真を見ることがありますが、とても綺麗ですね。この写真を見るだけでも大切にしなければと思います。
Earth.jpg
  以前のブログで、笠木透さん作詞作曲の「私の子ども達」という私の大好きな歌を紹介しましたが、やはり笠木さん作詞の歌に「少年よ」という歌があります。今日の「地球の日」に、この歌を思わず口ずさみました。
「この小さな星を 見てごらん この水色の星を 見てごらん 国境線など どこにもないだろう 海と大地とが 広がっているだけ この小さな星を 見てごらん この水色の星を 見てごらん 山は雪を抱き 森林は緑 山と海とを 川がむすんでいる 無限に広がる 宇宙の中で 君の生きてゆける たった一つの星 永遠に流れる 時間の中で 君の抱いている たった一つの生命 この小さな星を 見てごらん この水色の星を 見てごらん 島から島へ 風は渡って行く 海から海へ 魚は泳ぎまわる この小さな星を 見てごらん この水色の星を 見てごらん 雨は土に降り 草原に花は咲く 鳥やけものたち 大地を走り回る 無限に広がる 宇宙の中で 君の生きてゆける たった一つの星 永遠に流れる 時間の中で 君の抱いている たった一つの生命」