日本庭園における関係性

日本庭園を形作っている大きな要素は、ブログで書いた「石」であり、「水」であり、もうひとつが「植物」です。その中心になるのが樹木です。庭の風致を描出するには、樹木の種類とその植え方に考慮しなければなりません。たとえぱ、遠い山や遠景の樹は、そこに林があるように見える木を踈密のバランスを考えながら植えます。また、近景としての木も重要です。その木は、余り多くは植えず、目の前でよく見えるために樹形や枝ぶりの良いものを選ぶ必要があります。まさに、それぞれ植える位置により、お互いの木の関係性を考えていくことが必要になるのです。
木の種類も、背の高くなる木は、もの静かで奥深い雰囲気になりますが、前方はるかに低い樹を点々と植えると、広々とした眺望の庭になります。また、常緑樹を多く植えると堅実な感じの庭園となりますが、落葉樹の多い庭は、淡泊な俗気のない気風となります。狭い庭を広く見せるためにも木を効果的に配置します。池の広さを感じさせないためにその端が見えないように、岩や植込みで隠したりします。またはその池の向こうに山を築いて、樹木をこんもりと茂らせたりします。ほかにも広く見せるために、庭に芝生や苔を敷き詰めたりすることも効果的です。このように日本庭園では、その庭を構成するさまざまなものの関係性で、その味わいを演出しているのです。
「庭と日本人」(新潮社)という書籍の中で、著者の上田篤さんは、最初のほうでこんなことを言っています。要約すると、「日本の庭は「文化的遺伝子」のダイナミックな発現である日本文化である。この世界は西洋の神のように絶対的な存在ではなく、見えないものでもない。それはしばしば見え、しかも変化する。といっても、それは物ではなく、“物と物との関係性”である。」そして、この関係を「時と場所と場合」の三者関係であり、日本の庭におけるこの関係が、見る人をしびれさせるのだと言います。確かに、時が関係します。季節の移り変わりによって、1日の日の動きによって、時間による影の動きによって庭の景色が変わってくことも楽しみの一つです。また、いわゆる「わび」「さび」の世界における味わいは、もっと長い時間の経過がもたらす味わいかもしれません。
そして、その庭のある場所も大きく関係します。日本の庭造りの手法に「借景」という方法があるように、その場所を上手に庭に取り入れます。「景色を借りる」とはまさに言いえていますね。私は、三者関係の中の「場合」というのはよくわかりませんが、私は、日本の庭における三者関係は、「場所、もの、時」だと思います。その庭がどの場所にあって、そこに何が配置されていて、それをどのくらいの時間の経過の中で見ていくか、それぞれの関係を見ていくことが庭の鑑賞だろうと思います。また、その庭に置かれているものにもそれぞれ関係性があります。その関係が、緩やかな空間を作ったり、時には緊張した関係を作ったり、相手の存在を際立たせる役目をしたりしています。また、だからといって物が多すぎると、騒雑に陥り、かえって不快に感じます。なるべくむだを省き、背景の景色を利用したりして、それ自体の存在を主張するようではいけないのです。それは、お互いのものの関係だけではなく、庭というものはもともと家屋を主とし、その家屋に一層の雅趣を添えることが目的だからです。
確かに、日本庭園は、文化的遺伝子の発現であるというのはわかりますね。