一本刀

 先日ある園の竣工式に出席しましたが、その席に来賓として浅香光代さんが呼ばれていました。彼女は、14才で浅香光代一座をたちあげ、女剣劇全盛時代を作りあげた人です。もうかなりのお年ですが、舞台に上がると突然と背筋が伸び、声は朗々と響き渡ります。その彼女は、祝辞とともに、名科白を披露してくれました。それは、「一本刀土俵入り」と「瞼の母」の中の名場面です。
 この二つの話はともに義理と人情話ですが、長谷川伸の作品です。彼は、新聞記者からのちに小説・劇作家に転じるのですが、この2作品や「沓掛時次郎」などは、繰り返し舞台にかけられ映画化もされています。しかし、その世界は今はもう絵空事のように思えるほど遠い世界になってしまった気がします。また、それぞれの話しは、もう若い人には伝承されていないでしょうね。この時代で消えていってしまうのでしょうか。せめて、その題名と同時に、あらすじだけでも知っておいて欲しい気がします。
 横綱になる夢を持っていた取的(番付が最下位の角力取りのことで、褌かつぎのことです。)の駒形茂兵衛が親方に一度は破門されますが、どうしても立派な横綱になって故郷(上州 駒形宿)の母親の墓の前で土俵入りの姿を見せてやりたいという夢を捨てきれず、もう一度弟子入りをしようと江戸に向かいます。途中、飲まず食わずの一文無しで困っていた母親想いの純情一途な茂兵衛の話に心をうたれた茶屋女のお蔦は、持っている巾着や櫛、かんざしまで受け取らせ、「立派なお角力さんになっておくれよ。そうしたら、一度はお前さんの土俵入りを見に行くよ」と励まします。茂兵衛はこの親切を生涯わすれないと感謝しながら立ち去っていきます。
10年後、望みを果たせず、やくざになっていた茂兵衛は取手に戻り、お蔦を探し、やがて再会を果たしますが、そこに死んだはずの夫・辰三郎が現れます。夫が戻ってきて喜びのつかの間、辰三郎はイカサマ賭博で追われる身で、たちまち一味がお蔦の家を取り囲みます。 茂兵衛は今こそ恩返しだと体を張ってお蔦たちを救い、借りた金を返し、3人を逃がします。そのときに晴れ晴れと静かに言い切るのが、「一本刀土俵入り」の名科白です。
「お行きなさんせ。仲よく丈夫でおくらしなさんせ。ああ、お蔦さん、棒ッ切れを振り廻してする茂兵衛の、これが、10年前に櫛、簪、巾着ぐるみ、意見をもらった姐さんに、せめて見てもらう駒形の、しがねえ姿の土俵入りでござんす」
 「一本刀」とは、「やくざ者」という意味です。武士は刀を二本させるので、武士のことを「二本差し」と呼ぶことがありますが、これに対して、町人ややくざは、刀を一本しか差せませんでした。この話の面白いのは、茂兵衛は、夢がかない横綱になるわけでもなく、たいしてハッピーエンドでもなく、義理人情だけに焦点を当てている点です。また、このようなストーリーを表現する歌も必ず歌われました。三橋美智也が歌った、作詞が高橋掬太郎で作曲が細川潤一の「一本刀土俵入り」があります。「1 角力名乗りを やくざに代えて 今じゃ抱寝の 一本刀 利根の川風 まともに吹けば 人の情けを 人の情けを 思い出す 2 忘れられよか 十年前を 胸にきざんだ あのあねさんを 惚れたはれたと 言うてはすまぬ 義理が負目の 義理が負目の 旅合羽 3 見せてあげたい 男の夢も いつか崩れた 一本刀 悪い奴なら 抑えて投げて 行くがおいらの 行くがおいらの 土俵入り」あらすじを知っていると、歌詞の意味もよくわかります。
こんな義理人情に夢中になった時代もあったのですね。