私の園では、各年齢の発達やその年齢の特性から色彩計画を立てています。その色を基本としてそれぞれ年齢の部屋を構成しています。
 また、園のテーマカラーを設定しています。それは、手や顔に塗る「ニベアクリーム」の缶の色です。
nibea.jpg
ニベアといえば、日本では「ニベア花王」として有名ですが、実は日本の製品ではないのです。ニベア(NIVEA)はドイツで1911年に開発・発売されたハンドクリームの世界的トップシェアーを誇るブランドで、現在は世界187カ国に発売されています。日本でも68年からニベア花王が商品展開しています。「ニベア」とは、ラテン語で雪を意味する「nix, nivis」から派生させて付けた名前です。
 「青」という色は、ひとつの色を表しているというよりも、そのほかの多くの名前の総称として呼ばれます。たとえば、水色、空色と呼ばれるような明度が高く彩度の低い、淡い色合いのもの、 紺色や藍色、群青色などの明度が低い、濃い色合いのものなどがあります。
 日本では伝統的には藍(あい)や縹(はなだ)を用いてきました。これは、日本において青を表現するための染料にツユクサを使い、その色を花色と呼んだことに由来するといわれています。その後、染料としてアイが用いられるようになり、藍や縹が青系統の色を表す総称として定着してきました。この藍は、太古より使用されており現在でも重要な染料・顔料です。
 紺青(プルシアンブルー:プロシアの青)という赤みの強い青色顔料は、最初の合成顔料とされていて、現在でも生産されていますが、この色は、1704年にベルリンにおいて偶然発見されました。当時は安価な青い顔料は他に存在しなかったため、これは陶磁器に彩色するために広く使用されるようになっていきました。
 日本では平賀源内が紹介し、葛飾北斎が描いた「富嶽三十六景」においてこの紺青を使って描いた濃青が評判になって全国に広まったとの説もあります。
hokusai.jpg
 海外でも、さまざまな絵画に青が使われ、その絵を描いた画家によってその色の名前がついています。たとえば、先日も日本に来た名画、フェルメールの「真珠の耳飾の少女」のターバン等に見られる青は、ラピスラズリより得られた天然ウルトラマリンブルーです。この天然ウルトラマリンはフェルメールの絵画において特徴的な色彩である為に、「フェルメール・ブルー」といわれています。
 このラピスラズリより得られたウルトラマリンブルーは、最上の青として聖母マリアに捧げられました。このため、この青色には、ほかにも「マドンナブルー」とも呼ばれています。また、画家ラファエロが聖母マリア像を描き、その中でこの色を用いたことから「ラファエル」(ラファエロの英語名)という別名もあります。日本では瑠璃色と呼ばれている色と同じ色です。
 色というのは、視覚を通して得られる感覚の一種ですが、その色の持つ文化は、デザインや視覚芸術上の重要な要素であり、人間の生活そのものよりも、生活をより厚くするものとしての要素が大きいようです。ということで、保育室の色彩計画が重要になるのです。

” への6件のコメント

  1. 年度末で何かと気ぜわしい毎日ですが、藤森先生のブログを読んでいると仕事も忘れて、心落ち着くひとときを過ごすことができます。ストレス解消に臥竜塾がよく効きます。(笑)心が落ち着くといえば、青は冷静で論理的な色。一度落ち着いて物事を考えてみようという気にさせてくれる効果があるそうです。メーテルリンクの「青い鳥」という童話にあるように、青は自分の内面にある何かを深く見つめたり。内面的な成長を遂げるという意味があるといいます。もし、この臥竜塾ブログのテーマカラーを考えるとしたらやっぱり青ですね。藤森先生の園のテーマカラーが青なのもなんとなくうなずけます。

  2. 新宿せいが保育園といえば世界中から見学に来られるすごい保育園というイメージですが、テーマカラーが「ニベアクリーム」の缶の色と聞くと、なぜか親近感がわいてくるから不思議です。「青」という色ですが、こんなに種類があるんですね。日本でもいろいろ使われていたのは知りませんでした。何となく寒々しい感じがしていましたが、園舎内に青を取り入れてみると不思議と落ち着きます。まだまだ保育室の色彩計画とまではいきませんが、色の効果を色々と試しているところです。

  3.  私の好きな色は青色です。なので、服を買うときなどは、まず青色をチェックします。それに青は爽やかな感じがして自分自身も気分がすがすがしくなります。色は身の回りに普通にいろいろな色がありますが、よく考えると奥が深いですね。自分の部屋をコーディネートする時でも、色を考えずに気に入った物を置いても、ばらつきがあり、逆に落ち着かない気がします。そう考えると保育園の色彩計画というのは難しいと思いました。各部屋にテーマの色があれば何かと便利かもしれませんが、何色にするか?となるとすぐには思いつかない気がします。

  4. 園の「色彩計画」、と言われたとき、あまりピンと来なかったことを覚えています。乳幼児教育あるいは学習環境等々における「色彩」というものを考慮することなくこれまでやってきた、という証拠です。誠にもって、実に多くのことに気付かされます。おかげさまで、私自身も、目に見える「色」について関心を抱くようになりました。今日のブログで紹介されていた、「フェルメール・ブルー」「北斎の濃青」そしてラファエロの「マドンナブルー」の実物をこの1年の間に目にすることができたので何だか感慨ひとしおです。ラファエロのそれは昨日経験したばかりです。フェルメールの「ブルー」についてはラピスラズリを削って亜麻仁油で粘着させているシーンを映像でみましたのでなおさら印象深かったですね。ところで「ニベア」がドイツの製品であったとは今回初めて知りました。

  5. 園のテーマカラーはニベアと同じ色なんですね。私はハンドクリームが好きなので、ニベアを愛用しています。あの匂いがいいですね。ですので、もともとはドイツのものだったということを知った時には驚きました。また、Vaselineも使うことがあるのですが、あのケースも青色ですね。たまたまかもしれませんが、おもしろいです。世界の芸術に用いられる青の存在を教えてもらったことで、色というのが人の生活に密着していることを感じます。色が与える効果を私たちは普段の生活で無意識に時に意識的に感じ取っているのかもしれませんね。最近、私も青色を好むようになりました。また、以前と比べて色の好みが変わってきたことを感じることがあります。不思議な感覚です。

  6. 青というのは、どこか神秘的な印象を抱きます。それは、空とか海とかといった自然の中での壮大なイメージがあるのか、「そのほかの多くの名前の総称として呼ばれます」というような創造的なイメージを駆り立てるようですね。富嶽三十六景では、海外の芸術にも多大な影響を与えたということは学びました。それも、青色など、色彩という点においても注目を置かれた部分であったのですね。以前、番組で版画の部分部分を巧みに差し替え、様々な色で富嶽三十六景を作っていました。版画の色も豊かで、風景が1枚の紙に徐々に仕上がっていく過程が、なんとも美しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です