江戸のリサイクル

 縄文時代のごみに対する考え方を昨日書きましたが、江戸時代はどうだったのでしょうか。この時代のリサイクル文化は、世界の中でもとても素晴らしいものです。私が縄文時代でのごみに対する考え方を推測したことがまさに実現されて行きます。「大江戸リサイクル事情」(石川英輔 著)の中では、「子孫のわれわれが見ればどう考えても役に立ちそうにないがらくたでも立派に商品価値があったから、最大の問題は、どうやってそれを効率よく集めて活用するかという点にあった。だから、処理といっても捨てるなどとんでもない話で、いかに上手に再利用するかに知恵を絞り、長い時間をかけて、びっくりするほど無駄がなく洗練されたリサイクルの方法を確立したのである。その徹底ぶりは、ほとんど芸術的といっても大げさではないほどだ。」と書かれています。
  この芸術的というところにどうも私は日本らしさがあるのではないかと思います。この書籍の中でも、その時代は、貧しかったから、貧乏で物が買えなかったからではないかと思うかもしれないが、では、貧しい国がこのようなリサイクルをしているかというと、日本ほどそれが確立している国は見当たらないと言います。
 どのようにリサイクル社会を築いていったかということを、石川さんがネット講座で話しをしています。
「江戸時代と一口にいっても250年も続いていたので、最初からリサイクル社会が成立していたわけではありません。1500年代の末期、江戸時代の初期の頃は、まだ都市としての機能が十分に作られていませんでした。ゴミなどもどう処理していいのかわからず、お堀などに捨ててしまって、船の運行にも支障があったようです。都市としての体裁がようやく整ってきたのは、1650年ごろからで、ちょうど時代は元禄年間にさしかかって、いわば高度成長期に入っていく時期でした。」
これを読んでも、どうも、貧しかったからではなく、より高度な贅沢をしようとしたからのようです。では、どうして、元禄時代という贅沢な時代にリサイクルを考えたのでしょうか。
「元禄時代には、たとえば、初物ブームが起こります。それは、「初物を食べると75日長生きをする」などといって、江戸っ子は競って初物を食べようとしたのです。これに目をつけた農家の人は、一日でも早く野菜や果物などを生産しようと、生ゴミを肥料に使うことを考え付きました。生ゴミを地面に埋め、発酵させて温度を上げ、その地面を油紙で覆って熱を逃がさないようにしました。今のハウス栽培と同じ考え方です。房総半島からは、江戸に来る時には薪を運んできて、帰りには肥料として使う生ゴミを積んで帰る船もありました。このほか、幕府は生ゴミを使って埋め立てるなど、1700年代の初めには、ゴミの循環システムも整っていったようです。江戸の都市計画の面でいうと、彼ら先人は江戸をヒートアイランド化から守ろうとする発想を持っていたように思われます。その理由は江戸には舗装道路がありません。進歩主義の人は、江戸は遅れていたから舗装道路がないのだといいますが、私はそうではないと思う。」と、石川さんは言います。
だからと言って、江戸時代の人たちは環境を考えていたわけでも、もったいない運動を展開していたわけではありません。いわゆる「生きる知恵」を持っていたのでしょう。今足りないのは、この知恵であり、知識でも運動でもないのです。