食育研修

 今日は、アメリカのハーバード大学の医療関係研究者たちが見学に来ました。日本の高度衛生医療の基礎は、幼児期における食育にあるのではないということについての視察です。園児が、「なにじん?」と聞くので、私は「アメリカ人だよ。」と答えていたのですが、全く間違っていました。ハーバード大は、多国籍から勉強に来ている人が多いので、様々な国の人でした。そういえば、11人に見学者の中に、日本人が3人もいました。
 彼らは、園の環境を0歳児から順に見て回り、昼食を3、4、5歳児クラスの子どもたちと一緒に食べました。私の園では、3歳以上は、トレイを持って、まず、箸かスプーンかフォークを選んで乗せます。そして、主菜、添え物の量を申告して当番の子からよそってもらいます。このやり方を、今日はとても感謝されました。それは、メンバーの中にベジタリアンがいるからです。今日の主菜はすき焼き風煮物で、添え物がシラスの和え物で、汁物がかつおだしの味噌汁です。ベジタリアンは、肉も魚も食べませんので、一斉に同じものを食べさせるような給食には不向きです。しかし、私の園では、箸かフォークが選べますし、肉抜きの主菜とか、昆布だしの味噌汁とか、シラス抜きの和え物とか、麦茶かフィルターを通した水かを選べますので、自分で好きなほうを当番の子に言えばいいのです。普段はベジタリアン用ではなく、アレルギー児のためではあるのですが。
 今回の研修目的の食育ですが、確かに世界の中でかなり進んでいる気がします。国としての取り組みの自給率や農薬使用などはかなり遅れている気がしますが、幼児教育からの食育は、ずいぶんと先駆的な取り組みです。日本における食育基本法は、平成16年の第159国会に提出され、平成17年6月10日に成立しました。
 これを反映して、私立小・中学校の入試問題にも食育に関することが出されています。例えば、小学校入試問題に、「果物を縦に切った時と横に切った時の切り口はどうなるでしょうか。」という問題があります。これは同じ果物どうし、線で結ぶものですが、家庭でいつも同じ向きからだけしか切っていないとなかなかわかりにくいです。ですから、普段から、果物や野菜を食べる時に、縦や横に半分に切ったものを出さないといけないとは、大変ですね。
また、中学の問題にこんなのがありました。穴埋め問題です。
「毎日の食べ物や、それを生み出す農業や環境問題について、自分たちで学び、考え、行動していく取り組みを「食育」とよんでいます。最近のわたしたちの食生活については、いろいろな問題が指摘されています。まず(あ)が多くなっています。独身の青年たちのなかには1日の食事がすべて(あ)という人もいます。また、調理ずみのおかずや弁当、調理ずみパンなどを買ってきて食べることも増えています。これは(あ)と家庭での食事の中間にあるものとして中食とよばれています。家庭での食事についても、欠食、とくに子どもたちが朝食を食べないことが問題になっています。また子どもたちの孤食、個食やテレビを見ながらの食事なども問題だと言われています。」
 問2では、「孤食」と「個食」について、正しい説明をそれぞれ選ぶものです。
(ア)パンや麺類など、精粉したものばかりを食べること。
(イ)家族がいっしょに食事をしていても、それぞれが好きな物を別々に食べていること。
(ウ)食事のときの食べる量がきょくたんに少ないこと。
(エ)家族の食事時間がバラバラで、家族がそれぞれ1人で食事をとること。
 入試問題にでも出されれば、親が少しは真剣に食について考えるかもしれませんね。