河井と小林と吉田

 「米百俵」の小林虎三郎といえば、同時代のライバルであった河井継之助を思い出します。河井継之助については、何度かブログで書きましたが、司馬遼太郎の「峠」の主人公です。山本有三は、郷里の偉人として、ある人から河井継之助の執筆を勧められましたが、戦争に踏み切った継之助よりも、戦争に反対し食えないから学校を建てたという虎三郎に関心を示して、戯曲「米百俵」を書いたのです。
「峠」の小説の中では、河井継之助と小林虎三郎はライバルであり、政治的に意見が合わず、仇敵のように対立していたと描かれていますが、実際はそれぞれの立場上の問題なようです。越後長岡藩という小さな藩に生まれた継之介は、武力強化をすることによって、藩を強くし日本の中に中立国を作ろうとします。これに対して小林虎三郎は、精神の教育や学制の改革などに基本を置く考え方で、これができて公正な政治と経済が可能であるという根本的な考え方をしています。しかし、ともに、薩長軍が長岡に迫って来た時、戦争をしたくないという思いは一緒でした。長岡藩を武装中立のもと官軍・同盟軍双方に働きかけ、緊張緩和・戦争回避に尽力するというのが河井の狙いでした。小林虎三郎も絶対非戦論者ではなく、薩長軍が「天朝」の旗印の下に統一国家をつくろうとし、一時の屈辱を我慢してでも戦争はしてはならないが、もし戦争となった場合は、藩主のため、お国のために必死に戦わなければならないと考えていました。
この司馬遼太郎の「峠」の中に、小林の性格を表したエピソードが書かれており、印象に残っています。それは、小林虎三郎の家が火事になって、小林虎三郎は体一つで焼け出されてしまったときのことです。
困窮していた小林虎三郎に、普段は意見対立していた河井継之助が火事見舞いとして、要用な生活用品を小林虎三郎の仮住いのところに持っていってあげます。すると、小林はかねて仇敵視していた河井の好意に感激して、面会したその場に涕泣しますが、河井は感傷的なことが大嫌いですので無愛想な態度をとります。これに対して、小林はやがて居住まいを正し、返礼をします。
「貴殿の好意に対し、残念ながら何もお返しできない。私としては貴殿の施策の誤りをこの場で指摘し、今回のお礼としたい」と申し述べて、延々と河井のやり方を批判するのです。「峠」の中では、その内容を「激しさ、痛烈さは、気の弱い者なら卒倒するほどであったろう。これがお礼なのである」と書かれているほどのものだったようです。このお礼に対して、河井もさすがに感情が昂ぶり、帰り道で「小林は偉い、偉い」と呟いていたといいます。
 この小林は、23歳の時に藩命で江戸に遊学をし、当時兵学や砲学、洋学で有名な佐久間象山の門下に入ります。そして、長州藩士の吉田寅次郎(吉田松陰)と「象門の二虎」と称せられます。また、象山に「義卿(松陰)の胆略、炳文(虎三郎)の学識、皆稀世の才なり。但事を天下に為す者は、吉田子なるべく、我子を依託して教育せしむべき者は、独り小林子なるのみ。」(天下、国の政治を行う者は、吉田であるが、わが子を託して教育してもらう者は小林だけである)と言わせるほど、虎三郎は教育者でした。なお象山は、幕末の動乱期に際し、回天の仕事をするのは吉田松陰で、百年先を見通した仕事をするのは小林虎三郎、としています。
教育は、百年先を見通した仕事です。