クレド3

 J&Jの「我が信条」には、4つの利害関係者「顧客、社員、地域社会、株主」に対する責任が書かれています。その中の「顧客」を「我々の製品およびサービスを使用してくれる医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての顧客」とし、その顧客に対しての責任が書かれています。私たちの園にとっての顧客とは誰でしょうか。園が開園するときの職員紹介の下に「私たちは、世界の子どもの担任です。」というメッセージを入れました。J&Jが危機のときに立ち返った企業理念である「我が信条」の第一の責任は、この顧客に対しての責任の意思決定でした。それは、「質的に高い水準」「製品原価を引き下げる努力」「注文に、迅速、かつ正確に応える」「取引先への適正な利益をあげる機会の提供」です。
 次に「社員」に向けての責任です。これは、なにもJ&Jの社員だけではなく、世界中で共に働く男性と女性に対してのものでもあります。それは、「個人として尊重され、その尊厳と価値を認める」「安心して仕事に従事する」「待遇は公正かつ適切」「働く環境は清潔で、整理整頓され、かつ安全」「社員が家族に対する責任を十分果たすことができるような配慮」「社員の提案、苦情が自由にできる環境」「能力ある人々への平等な雇用、能力開発および昇進の機会」「有能な管理者を任命」「公正、かつ道義にかなった行動」があげられています。
 第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会にたいしてです。しかも、全世界の共同社会に対するものまで視野に入れています。それは、良き市民として、「有益な社会事業および福祉に貢献」「適切な租税の負担」です。また、「社会の発展」「健康の増進」「教育の改善に寄与する活動への参画」また、「使用する施設を常に良好な状態に保ち、環境と資源の保護に努めなければならない。」ということが定められています。
第四の責任は、会社の株主に対するものですが、株式公開企業になるのだから、株主を最後にするのはおかしいという意見がありました。それに対しては、「顧客第一で考え行動し、残りの責任をこの順序通り果たしてゆけば、株主への責任は自ずと果たせるというのが、正しいビジネス論理なのだ。」と返答しています。
 これらの信条の柔軟性は、この言葉に表れています。「この文書の文言は時代の流れや会社発展にあわせて修正してよい。新しい経営概念を導入してもよい。」また、不変性の点では、「しかし、基本哲学・思想は不変のはずだ。」とこの信条への確信を述べています。
 ザ・リッツ・カールトンの場合は「ゴールドスタンダード」と題するクレドを経営の中核に据えています。ここで定めているのは6項目の指針です。「使命」として「心のこもったおもてなし」、「モットー」では、「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」そして残り4項目で「サービスの3ステップ」「従業員への約束」などの具体的行動指針を記しています。
 よく園の保育方針に「感動する心」とか「みんなと仲よくあそぶいきいき遊べる子ども」というような言葉が並びます。そのときに、例えば、保育者が、子どもの服を着せてあげているときにどのように着せてあげれば、感動する心を持つのか、みんなと仲良く遊べる子になるのか、行動の方法が見えにくいですね。それが、「自立していく子ども」としたら、どう援助すれば自立につながるかを考えることで、援助の仕方がわかりやすくなります。
 もう一度、園で、保育者がいつも持ち歩いてそこに帰るようなクレドが必要かもしれません。