クレド1

最近の中国の餃子問題で思い出すことがあります。それは、1982年9月に、全米を震撼させた「タイレノール」事件です。これは、J&J(ジョンソン・エンド・ジョンソン)の医薬品部門で全米の主力商品だった家庭用鎮痛剤「タイレノール」にシアン化合物が混入され、シカゴを中心に7名が死亡するというものでした。そのときに、J&Jと「タイレノール」を扱うグループカンパニーのマクニール社は重大な危機に直面しました。
しかし、このときにあたって、J&Jは全「タイレノール」商品の回収、マスコミを通じた積極的な情報公開、新聞への警告広告の掲載、対策チームの設置など素早い対応を行いました。陣頭指揮をとった当時のJ&Jバーク会長は、単なる危機管理として対応することに終わらず、「消費者への責任」を第一に考えた体制をとりました。これは、J&Jの企業理念である「我が信条」の第一の責任に立ち返った意思決定でした。事件終結後、J&Jのこの事件における対応は、一般消費者をはじめ政府・産業界からも、これまで以上に高く評価されました。そして、全社員が一丸となった再場市努力の結果、予想をはるかに越える速さで市場を回復していきました。
最近、企業理念や社是などに代えて、クレド(credo)を導入する企業が現れているそうです。クレドとは「信条」を意味するラテン語で、「企業の信条や行動指針を簡潔に記したもの」を指します。このクレドを導入している企業はこの仕組みを、従業員の自主的な行動を促すためのツールとして利用しているといいます。それは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。
危機を脱出したJ&Jのクレドはどういうものなのでしょうか。この会社は「我が信条」と題するクレドを、企業運営の中核に据えています。会社案内には、こう書かれています。「社是、経営理念、ビジョン、ミッションなど、その会社を表す文書は何種類もありますが、ジョンソン・エンド・ジョンソンについて言えば、「我が信条」という、A4用紙一枚の文書があるのみです。この文書は顧客、社員、地域社会、そして、株主という四つのステークホルダー(利害関係者)に対する責任を具体的に明示したものです。起草以来60年以上に亘り、ジョンソン・エンド・ジョンソンの行動指南役として機能し続け、今後もその役割を果たし続けることでしょう。」
この文書は1943年に起草されていますが、そのときに、「この文書はジョンソン・エンド・ジョンソンという会社の社会的責任(Company Social Responsibility)を記したものである。」として導入されました。今でこそ企業経営においてCSR(企業の社会的責任)という概念が最近定着しつつありますが、当時から、この考え方が記され、以来、一貫して、この「我が信条」を行動の拠り所としていますし、ここに込められた哲学に従って、数え切れないほどの意思決定を行なってきました。その思い入れは強く、起草したロバート・ウッド・ジョンソンJrは、取締役会で発表したときに、「この文章の中に書かれている考え方が会社の経営理念である。」と説明したのに続けて、「これに賛同できない人は他社で働いてくれて構わない。」と断言しています。
J&Jに限らず、クレドは、どんなものか、今、もう一度見直す必要があるかもしれません。