企業の求める力2

 日本経団連が11月に行った新卒採用に関する企業アンケートでも、選考で重視する点(複数回答)は「コミュニケーション能力」が75・1%と最多でした。この能力は、OECDが行うPISAの学力調査でも重要な力とされています。それは当然なことで、例えば語学が堪能になっても、人と会話をすることがうまくいかなければ、話すことは出来ませんし、さまざまな問題も答えが出ても、それを人に伝えなければ回答したことにはならないからです。
 それを、経団連は「対話は仕事を行う上でもっとも基本的な能力。企業はより基礎的な力を新入社員に求めている」と分析しています。しかし、それに反して、最近の若者は、コミュニケーション能力が低下してきていると言われています。その理由は様々あるでしょうが、インターネットや電子メールの普及などで、若者世代の対話能力が低下しているとの懸念も背景にあるとみられているようです。私は、この能力が低下している背景に「少子化」があるような気がします。子どもが多かったころは、自分を主張しないと認めてもらえないし、やってもらえないし、物も貰えないことが多かったでしょう。しかし、子どもが少ないと、親は子どもが欲しがっている様子を、自分から言わなくても気がついてしまうでしょうし、それ以上に、欲しがる前に欲しがるであろうと思って与えてしまうことが多いような気がします。それが、子どもを愛し、子どものために自分はしてあげていると思ってしまうようです。
 そのほかの望む力として、企業不祥事の続発を受け、「倫理観」の大切さを説く経営者も多かったようです。カネボウ化粧品の高山外志夫会長は「法律や規則と言った社会の決まりを守るのは当然だが、礼儀も含む『人の道』という言葉で表現される事柄にも、強い意識を持って欲しい」と言っていますし、新日本石油・西尾進路社長は、「自らの権利ばかり主張して、責任を放棄するような人間は社会人としての資格はない」と苦言を呈しています。それぞれの仕事には、かつての「武士道」のように、それぞれの「道」があり、その前提として「人としての道」も歩んで欲しいと思います。
また、少子化の影響は違うところにも出ています。厚生労働省によると、大学を卒業して就職し、3年以内に職を離れる比率は02年卒で34・7%だそうです。随分、多くの若者が入社してすぐに働く意欲を失ってしまうようです。今の若者に継続して働いてもらい、きちんとした社会人として育てるためには、兄弟が少なく、大事に育てられたため、「上司の温かいまなざしと共感が育成のカギ」社会経済生産性本部の「職業のあり方研究会」では分析しています。
 成績、学歴、資格、語学力は後になっても身につけることが出来ます。この結果を見た社会人の息子は、「この上位に上げられている力は、生まれつきのものだったり、親の育児の姿勢によって左右されてしまうので、それが必要だと言ってもかわいそうだよ。だから、後で身に付くものを求めるしかないんじゃないの?」と言っていましたが、私は、そうではなくて、上位に上げられているものは、乳幼児期での過ごし方が重要なものだと思います。
 ですから、国は、本当にPISAの学力をあげたいのであれば、また、将来企業で活躍する人材を作りたいのであれば、もっと、少子時代における乳幼児教育を見直し、国の責任として乳幼児教育を充実していったほうがいいと思うのですが。